カンレンボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンレンボク
CancerTree.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ミズキ目 Cornales
: ミズキ科 Cornaceae
: カンレンボク属 Camptotheca
: カンレンボク C. acuminata
学名
Camptotheca acuminata
Decne., (1873)
和名
カンレンボク

カンレンボク(旱蓮木、Camptotheca acuminata Decne.)とは、ヌマミズキ科あるいはミズキ科の植物の一種。カンレンキジュ(喜樹)ともいう。英名はCancer tree、Tree of Life、Happy treeなど。

原産地は中国雲南省落葉高木で夏にうすいクリーム色の花が咲く。

薬用成分[編集]

果実をはじめ植物全体にカンプトテシン (camptothecin) という抗癌作用のある物質が含まれている。しかし、毒性も強いので強い副作用が報告され、臨床試験は中断した。抗癌剤としては誘導体イリノテカン (irinotecan) やトポテカン (topotecan) が実用化されている。