ブラックマンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックマンバ
Dendroaspis polylepis head.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: マンバ属 Dendroaspis
: ブラックマンバ
D. polylepis
学名
Dendroaspis polylepis
(Günther, 1864)
和名
ブラックマンバ
英名
Black mamba

ブラックマンバDendroaspis polylepis)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目コブラ科マンバ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。

分布[編集]

アフリカ大陸東部から南部にかけてと西部の一部

特徴[編集]

全長は2-3.5mで、大型の個体は4.5mに達する。キングコブラに次いで世界で2番目に長くなる毒蛇。名前にブラック(黒)が付いているが、体色は灰色や褐色。体型は細長く、体重はそれほど重くならない。名前の由来はの中が黒いことから来ている。

生態[編集]

サバンナに生息し、草原や森林、岩場などあまり環境を選ばずさまざまな環境で見られる。地面で日光浴をしていることもあり、地表棲ではあるが、木登りも上手い。よく、よりも速く移動が出来るなどと言われることもあるが、事実ではない。たまたま馬上の人間が咬まれた事は過去にあったとしても、本種が馬より速く移動できるわけではない。実際の移動速度は16km/h(50mを11秒程)とされる[1]。一方、瞬発力は優れている。参考までに、小学校低学年の走力上位者は50mを9秒~10秒程で走る[1]。人間が本種と遭遇した場合、深い草むらや密林などでは追いつかれる可能性がある。医療が未発達なアフリカでは強い毒により咬まれると1時間以内に命を落とす事が多く、臆病で身を隠しているような性質ではあるが気性の荒さや動きの素早さと相俟って非常に危険な毒ヘビである。

食性は動物食で、小型哺乳類や小型鳥類で、特に樹上の鳥の巣を襲うことが多い。

繁殖形態は卵生で、1回に6-17個の卵を産む。

逸話[編集]

この蛇は、その毒性やその気性の荒さから世界で最も危険な毒蛇の一種として様々な逸話が知られている。

  • TBS番組どうぶつ奇想天外!』で、両生類・爬虫類に詳しい動物学者の千石正一がアフリカに取材に行き現地の動物園で本種の飼育ケースの前に来た時、現地のスタッフに「触ってみますか?」と薦められたが、千石は即座に「ヤダ。触るのヤダ」と答えた。ヘビのスペシャリストとも言える千石でさえも触りたがらないほど危険なヘビということである。
  • また、同番組では、チンパンジーの群れが一頭のブラックマンバの出現によって大パニックに陥るシーンも放映されていた。
  • 映画「キル・ビル Vol.2」においてその残酷な毒性が語られている。劇中ではこのヘビに噛まれごく短時間で死亡する描写も描かれている。
  • NBAのスター選手「コービー・ブライアント」の愛称にもなっている。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニューワイド学研の図鑑 動物 152ページ

参考文献[編集]

  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、130頁。
  • 『ニューワイド学研の図鑑 爬虫類・両生類』、学習研究社、2004年、160頁。
  • 『ニューワイド学研の図鑑 動物』、学習研究社、1999年、208頁。