フォルクスワーゲン・タイプ4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルクスワーゲン・タイプ4
1969-72年 411LE
Volkswagen 411 Front view Essex.jpg
1973-74年 412LE
Volkswagen 412 Sedan FrankfurtM.jpg
1973-74年 412ヴァリアント
Typ 4 412 Variant aus Offenbach.JPG
販売期間 1968年 - 1974年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドア/4ドアセダン
3ドアステーションワゴン
エンジン 空冷水平対向4気筒
変速機 4速MT / 3速AT
駆動方式 RR
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:セミトレーリングアーム
全長 411:4,553mm
412:4,583mm
全幅 1,675mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,500mm
後継 フォルクスワーゲン・パサート
-自動車のスペック表-

フォルクスワーゲン・タイプ4は、西ドイツ(当時)のフォルクスワーゲン (VW) が1968年から1974年まで製造販売した、空冷リアエンジン方式の2/4ドアセダン及びステーションワゴンである。販売当時はVW411/VW412と呼ばれたが、現在では、ビートル(タイプ1)トランスポーター(タイプ2)1500/1600(タイプ3)に次ぐ第四世代として「タイプ4」と総称されることが多い。

タイプ3より一回り大きなボディサイズに1.7 - 1.8 L 空冷水平対向4気筒エンジンを持ち、ビートルの血統を受け継いで西ドイツのVWで開発生産された最後の空冷エンジン乗用車となった[1]

特徴[編集]

ビートルの延長線上にあるとはいえ、タイプ4には多くのVW初の技術が盛り込まれていた。モノコックボディ、 マクファーソン・ストラット式フロントサスペンション(後のVW1302/1303とは別設計品)、セミトレーリングアーム式リアサスペンション、油圧クラッチ、3速フルオートマチックトランスミッションなどである。また、4ドアセダンもVW初であった。バッテリー運転席左ハンドル車)下に置かれ、ガソリン燃焼式ヒーターも後部に設置されていた。

車種[編集]

1968年から1972年まではVW411の名で生産され、7374モデルはフェイスリフトを受けてVW412と改称された。共に ファーストバックスタイルの2/4ドアセダンと2ドアワゴンが用意された。当初のエンジンは1,679 cc ツインキャブレター 68馬力であったが、1969年には電子制御フューエルインジェクションに変更され、80馬力に強化された412Eとなる(量産乗用車への電子制御インジェクションの初採用は一年前の1968年のタイプ3であった)。しかしこのインジェクションユニットには信頼性の点で問題があり、1973年9月にはツインキャブレターに戻し、出力低下を防ぐためエンジン排気量を1,795cc に拡大して85馬力とした412Sが登場した。また、VWブラジル社が生産した2ドアワゴン・ブラジリアには411の基本設計が流用されている。

販売[編集]

1968年のデビューから、1974年にフォルクスワーゲン・パサートと交代して生産中止されるまでの6年間に生産されたタイプ4は367,728台に過ぎず、1970年に登場して1974年まで生産されたVW初のFF車・K70を僅かに上回るが、タイプ1、タイプ3と比較すると絶望的な結果であった。西ドイツ国内の小型ファミリーカー市場は年産30万台以上のオペル・レコルトが首位を固めており、411/412はその敵とはならなかった。米国での411/412はアンダーパワーと評され、117,110台が売られたに過ぎない。日本では当時の輸入総代理店であるヤナセを通じて販売されたが、ヤナセを持ってしてもビートルやタイプ3を上回る結果は残せなかった。

脚注[編集]

  1. ^ ブラジルではブラジリア1973年 - 1982年ゴルFF)が1980年 - 1985年(以降は水冷直4)、タイプ1が1953年 - 1996年まで、タイプ2が1953年 - 2005年まで(以降は水冷直4)、メキシコではタイプ1が1962年 - 2003年まで、タイプ2が1970年 - 1988年まで(1988年 - 2001年は水冷直4)生産された。フォルクスワーゲン以外ではポルシェ1997年まで、タトラ1998年まで空冷エンジンを乗用車に使い続けた。

関連項目[編集]