フェンチオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェンチオン
識別情報
CAS登録番号 55-38-9
PubChem 3346
特性
化学式 C10H15O3PS2
モル質量 278.33 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェンチオン (fenthion) は有機リン系殺虫剤の一つ。日本では商標名バイジットとして水稲用等の農薬として用いられ、バルサンウジ殺し乳剤として駆除用、チグホンスポットとして駆除用にも用いられている。

濃度2%以上は劇物指定。動物では特に鳥類に対して毒性が強く、国によっては「殺鳥剤」として使われる(日本では殺鳥剤は認められない)。このため野生鳥類への影響が問題とされている。

用途[編集]

フェンチオンは害虫の殺虫剤、殺ダニ剤、殺鳥剤と使われ、ミバエヨコバイ鉄砲虫アブラムシコドリンガハタオリドリ科の鳥に対して使用されている。

穀物サトウキビトウモロコシテーブルビート柑橘類ピスタチオ綿オリーブコーヒー豆ココア野菜ブドウに使用されている。

また、シラミノミハエダニおよび他の外部寄生虫を駆除するために家畜(ウシブタイヌ)などにおいて使用されている。


毒性[編集]

縮瞳頭痛吐き気嘔吐めまい筋力低下眠気倦怠感興奮、または不安の急性中毒を引き起こす。 中等度または重度である場合、高血圧腹痛下痢、重い流涎、多量の発汗胸苦しさが現れ使用者は昏睡呼吸停止発作反射の消失し弛緩性麻痺が発生するために、自殺企画者がいる。

多くの野鳥でフェンチオン中毒が起こり、縮瞳、流涎、震顫、歩行困難、呼吸困難の症状が現れた。 フェンチオンは魚や水生無脊椎動物に対する毒性が強く、ミツバチもフェンチオンの影響を受けることが判明している。

性質[編集]

フェンチオンは、光化学的に生成されたヒドロキシルラジカルと速やかに反応し、その半減期は約5時間。 通常の水中環境下では、水中でのフェンチオンの半減期は2.9~21.1日である。

土壌中では、フェンチオンは4~6週間で劣化する。