ビーピーエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ビーピーエス
Bullet-Proof Software, Inc.
種類 株式会社
略称 BPS
本社所在地 日本
神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目24-5 新横浜ユニオンビルANNEX
設立 1983年8月10日
代表者 代表取締役社長 ヘンク・ブラウアー・ロジャース
関係する人物 ハンス・ヤンセン小林孝志エドワード・S・P・ロジャース
テンプレートを表示

株式会社ビーピーエスBullet-Proof Software, Inc.)は、かつて存在した日本ゲームソフト開発会社。代表作としてテトリスがある。アメリカ合衆国ブループラネットソフトウェアとは別法人であるが、創設者はどちらもロジャースである。

概要[編集]

1983年ヘンク・ブラウアー・ロジャース横浜市に設立したコンピュータゲームメーカー。

社名の由来で英文社名でもあるBullet-Proof Software(ブリットプルーフ・ソフトウェア)のブリットプルーフは「防弾の」という意味であるが、他に「完璧な」という意味もあり、完璧なソフトウェアという意味で名付けられた。

初めヘンク・ロジャースは、光栄(現コーエーテクモホールディングス)から日本で初めて大ヒットしたファンタジーコンピュータRPGであるザ・ブラックオニキスを発売する予定だったが、光栄の社長の勧めでハワイ大学以来の友人であるコンラッド・龍弥・小沢と共にこの会社を設立した。当初は有限会社だったが後に株式会社に変更され、ロジャースは社長、小沢は副社長に就任した。一部で誤解されていることだが、小沢はロジャースと共同開発していたのでなく、開発を支援していただけである。

同社はテトリス系ゲームや首都高バトルなどを発売していたが、2001年2月22日に同社の解散を発表。2月28日で営業終了し3月31日に解散した[1]

発売された作品[編集]

所属していた人物[編集]

筆頭の肩書きはすべて元BPS時代のもの。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SBG:ビーピーエスが日本法人閉鎖を正式に発表…… - 2001年2月22日付GAME SPOT日本語版より。