ザ・ブラックオニキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ブラックオニキス
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種

PC-8800シリーズ
PC-8801mkIISR
PC-9800シリーズ
PC-8001mkIISR
PC-6001mkII
FM-7シリーズ
X1シリーズ
MZ-2500

Apple II
MSXシリーズ
SC-3000/SG-1000シリーズ
ゲームボーイカラー
開発元 BPS
発売元 BPS
アスキー[PC-60][MSX]
セガ[SG]
タイトー[GBC]
人数 1人
メディア FD[PC-88][PC-98][X1][FM][MZ]
TAPE[PC-88][X1][FM][PC-60]
ROM[MSX][GBC]
マイカード[SG]
発売日 1984年1月[PC-88]
1984年[PC-98]
1984年8月[X1]
1985年3月[FM]
1985年[PC-80]
1985年11月[PC-60][MSX]
1986年1月[MZ]
1987年3月[SG]
2001年3月2日[GBC]
テンプレートを表示

ザ・ブラックオニキス(The Black Onyx)とは1984年1月にBPS(Bullet-Proof Software)が発売した、事実上の日本初のファンタジーコンピュータRPGである。

光栄から発売される予定だったが、光栄の社長の勧めでBPS社が設立された。光栄から発売された『ダンジョン』(1983年 PC8001/8801版)はこのゲームの影響によるものである。なお1983年はファルコムから『ぱのらま島』も発売されるなど、日本におけるコンピューターRPGの黎明期であった。ブラックオニキスは翌1984年1月の発売とされているが、1983年12月発売とする資料もあり、実際の製品のコピーライト表記も機種によって1983年と1984年が混在している。

コンピュータ雑誌のランキングで上位に入り、長期にわたってランキングにとどまり、アスキー社の「ログイン」のソフトウェア大賞を受賞している。

物語[編集]

古くからの伝説によれば、永遠の命と莫大な富をもたらす宝石・ブラックオニキスが呪われた街ウツロのはずれのブラックタワーにあるのだという。この宝石を求めて、多くの冒険者達が地下迷宮へと消えて行った。

開発スタッフ[編集]

当記事には関連人物やそのこぼれ話が多く掲載されているため、便宜上これをこの節でまとめて前述する。

BPSでは「ムーンストーンに関わった者は会社を辞める」というジンクスがあり、坂本や小林など多くは関わった直後に辞めている。

ゲームシステム[編集]

当時はまだコンピュータRPGという概念が日本では一般的ではなかったため、システムを簡略化するために、戦闘中の攻撃手段は武器による物理攻撃のみで、魔法を使うことはできなかった。プレイヤーキャラクター(PC)が行動可能な場所は地上の街「ウツロ」と地下のダンジョンだが、地上も3D表示になっていた。プレイヤーのパーティやモンスターだけでなく、ライフ(生命力)や経験値などを横長のバーや横向きの線などで視覚的に表現し、プレイヤーが直感的に理解しやすいように作られた。

冒険するパーティは5人までで、自分でキャラクターを作るか、ゲーム内で遭遇した友好的なパーティに対しJoin usのコマンド(Jキーを押す)で仲間にすることができる。友好的なパーティーと遭遇し別れる時には「オタガイBlack Onyxメザシテガンバリマショウ!」(実際にはカタカナは半角)とメッセージが表示される。また戦闘中でなければどこでもキャラクターデータをセーブできる。ロードするにはキャラクターをセーブした場所に来なければならない。場所が違っていると、居ないとメッセージが出る。

冒険の舞台[編集]

ウツロの街

魔法使いの呪いによって、空が常に夜となっている街。善人と悪人がおり両者は対立している。善人か悪人かは服装によって見分けることができる。「虚ろ」という日本語から命名されたと誤解されていることがあるが、当時BPSがあった横浜市菊名にあった交差点「内路(うつろ)」にちなんでつけられたものである。

  • 商店街 商店街には武器や防具の店や病院がある。
    • WEAPONS(武器屋) 武器を売っている。武器にはナイフ・棍棒・斧・槍・剣がある。距離の概念がないため、投石器や弓などの武器はない。
    • ARMOR(鎧屋) 各種の鎧を売っている。
    • SHIELDS(盾屋) 3種類の盾(S・M・L)を売っている。
    • HELMS(兜屋) 各種の兜を売っている。
    • TAILOR(服屋) 服屋だがつぶれている。機種によってはこの場所は床屋に変更されている物もある。(床屋の場合はお金を払って髪型の変更が可能である。)
    • 病院
      • SURGERY(外科) 怪我の治療ができる。
      • DRUGS(薬局) 薬とその容器を買うことができる。薬による治療はSURGERYと比較して割高になる。容器は35GP、薬は1回分が55GPで1つの容器に5回分まで入れることができる。
      • EXAMINATIONS(検査) 有料でキャラクターのパラメータを調べることができる。
  • BANK(銀行) お金を預けたり引き出したりできる。ウツロの街には泥棒がいてプレイヤーキャラクターからお金を盗むため、ここに預けると安全である。またキャラクターは1人につき15000GPまでしか持つことができないので、それ以上は預けることになる。利子はつかない。
  • 酒場・飯屋 飲食はできない。
    • ARNOLD'S PUB(アーノルドの酒場) ウツロの社交場になっている。
    • TOM'S(トムの飯屋) 酒場を備えている飯屋。
    • GRUB(飯屋) 食事どころ。
  • 宿泊施設
    • UTSURO INN(ウツロの宿屋) 4部屋あり、宿泊客がいる。プレイヤーが泊まることはできない。
  • 公共施設
    • JAIL(刑務所) 犯罪者が囚われているが、何故かプレイヤーが中に入ることができる。ファイアクリスタルではこの場所は市役所になっている。
  • WELL(井戸) 枯れ井戸。ここから地下迷宮に入ることができる。井戸の底にはクラーケン(KRAKEN)がおり、初心者のパーティは大概ここで全滅する。初めに地下一階などで経験値を稼いでプレイし、クラーケンを倒すというプレイの仕方で、ゲームバランスが崩れるという弱点があった。
  • RUINS(廃墟) 元々魔法使いの館だった。ここからも地下迷宮に入れる。中に入ろうとするとビースト(beast)が"Do not Enter!"(「入るな!」)と警告してくる。
  • CEMETERY(墓場) 元々死者を葬る場所だったが今はモンスターに乗っ取られている。ここも地下迷宮への入り口があるが、地下1階だけが存在し行き止まりになっている。
  • ARENA(闘技場) ここでプレイヤーキャラクターを闘わせる予定だった。
  • TEMPLE(寺院) ザ・ファイアクリスタルの入り口。
  • GATE(門) ザ・ムーンストーンへの入り口になる予定だった。
BLACK TOWER(ブラック・タワー)
ここに伝説の宝石・ブラックオニキスが眠っていると言われている。
地下迷宮
RUINSからは見えない壁を抜けると入ることができる。またWELLからも入ることができる。ウツロの地下迷宮には魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)するのだという。地下迷宮ではまれに生命力の強いバーバリアン(barbarian:「野蛮人」の意)に遭遇することがあり、一般のキャラクターと比較して生命力があるので、仲間にすると力強い味方になる。

このゲーム最大の謎である「イロイッカイズツ」は地下6階のカラー迷路で、パソコンのカラーコードの順番に従って移動するとブラック・タワーに昇れる階段がある部屋に入れる様になるというものだった。カラーコードの順番は昇順(PC-8801版)や降順(X1版)など機種によって異なっている。またPC-88SR専用版やFM-7版は昇順でも降順でもない独自の順番になっていた。88SR専用版ではオープニングのブラックオニキスのグラフィックにヒントが隠されていた。当時カラーコードの謎がパソコンに詳しい人間でないと解けないため、これについて批判するユーザーもいた。

制作秘話・続編など[編集]

  • 初めは以下の4つのゲームをまとめて作る予定だったが、容量不足のため4つに分割され、徐々にシステムを拡張する予定だった。
  • PC-8801版はBASICと機械語で組まれている。
ザ・ブラックオニキス
ザ・ファイアクリスタル(The Fire Crystal)
  • 続編。魔法が導入された。
ザ・ムーンストーン(The Moonstone)
  • 第3弾で野外も冒険出来る仕様。ハワイ支社で製作していたが完成したものが余りにもアメリカンテイストなグラフィックだったので、日本で発売するには向いていないとの理由から作り直されることになり、何度かPC-9801で作り直されたものの、実際に発売されることはなかった。
  • 発売予定発表後、発売についての問い合わせが解散するまでBPSに寄せられた。
  • 初めはジェムワールド(Gem world)というタイトルの予定だった。ムーンストーンでは太陽という要素が加わり、昼と夜では登場するモンスターが異なるという設定になることになっていた。
  • 坂本や松方が関わったあるバージョンには、以下の特徴を持つものも存在した。
    • ユーザーがブラック・オニキスやファイア・クリスタルのキャラクタのデータをもう持っていないだろうとの判断から、ムーンストーンにブラックオニキスやファイア・クリスタルを入れる。
    • ラストにブラックオニキスとファイアクリスタルがプレイヤーの懐から飛び出た後、新しい世界が現れるというストーリー。
  • 松方と小林がPC-9801でアナログ16色モード用に作っていたバージョンもあった。
アリーナ(Arena)
  • キャラクタを戦わせることができる闘技場。パソコン版は発売されず、ゲームボーイカラー版ブラックオニキスにおまけ機能として入れられた。
リメイク
  • ファミリーコンピュータ版の『スーパー・ブラック・オニキス』(Super Black Onyx。略称はSBO。BPS内ではBlack Onyx Nintendo(略称:BON)と呼ばれていた)が存在する。このゲームでは魔法が使えるようになっていたが、ストーリーや冒険する世界は原作とは大部分が違うものになっている。またゲームデザインに松方、開発用グラフィック・ツールにリチャードと坂本、テストプレイにエドワード、リチャード、名越、坂本、BPSに出入りしていた子供などが関わった。
  • 2001年に松方などによってゲームボーイカラー用としてリメイクされ、タイトーから発売された。このゲームにはキャラクターを対戦できるアリーナが入れられている。このゲームにはパソコン版ブラックオニキスと同じレガシー・モードと、アレンジ版のモードの2つのモードがある。売り上げはそれ程多くなかった。
その他
  • ロジャースと友人のロバート・ウッドヘッドは、ブラックオニキスシリーズのキャラクタデータを『ウィザードリィ』と相互に転送できるようにするように考え「ログイン」でそのことを発表したが、結局実現することはなかった。
  • このゲームを原作としたゲームブック「スーパー・ブラックオニキス」が存在する。タイトルはファミコン版と同じスーパー・ブラック・オニキスだが、パソコン版に近い内容になっている。
  • 週刊ファミ通プレイステーション用ブラックオニキスの発売予定が載ったが、その後消滅している。
  • フリーソフトとして、すきすきソフトのビーストオーブ(Beast Orb)という作品がある。見た目はレイアウト以外はブラックオニキスそのものだが、ストーリーは全く異なっている。一時は権利関係でダウンロードが出来なくなったが、現在は遊ぶことができる。

その他[編集]

  • ブラックオニキスにはアンケート葉書きがあり、ブラックオニキスを発見すると表示されるメッセージを記入してBPS社に送ると、先着で黒メノウがもらえるサービスがあったが、このゲームを解く前にアンケート葉書きを送ったために黒メノウをもらえないユーザーも居た。徳間書店のパソコン雑誌テクノポリスが、キャラクタデータを書き換える方法を発表すると、このサービスは中止された。そのためテクノポリス編集部を非難するユーザーもいた。
  • ザ・ブラック・オニキス』『ザ・ファイアクリスタル』『ザ・ムーンストーン』を総称して、『L&L(Legacy&Legends)シリーズ』と命名されている。これはシリーズ当初からあった名称ではなく、ザ・ファイアクリスタル発売後に付けられたもの。

書籍[編集]

  • 蘇るPC-8801伝説 永久保存版 、アスキー書籍編集部 (編集) 、当ゲーム収録

関連項目[編集]