ヒロハシ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒロハシ科
アズキヒロハシ
アズキヒロハシ Eurylaimus javanicus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒロハシ科 Eurylaimidae

ヒロハシ科(ヒロハシか、Eurylaimidae)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目に属する科。

分布[編集]

アフリカ大陸インド北東部、インドネシアカンボジアタイ中華人民共和国南部、バングラデシュフィリピンベトナムマレーシアミャンマーラオス

形態[編集]

尾羽は短く角張った形状の種が多い。嘴は幅広く丸みを帯び、先端は鉤状に尖る。

分類[編集]

ミドリヒロハシ属 Calyptomena

ガマヒロハシ属 Corydon

クロアカヒロハシ属 Cymbirhynchus

 Eurylaimus

オナガヒロハシ属 Psarisomus

アフリカミドリヒロハシ属 Pseudocalyptomena

ギンムネヒロハシ属 Serilophus

アフリカヒロハシ属 Smithornis

生態[編集]

常緑広葉樹林に生息する。

食性は種によって異なり、昆虫果実などを食べる。主に樹上で採食を行う。

繁殖形態は卵生。植物の枝や葉にぶらさがった植物の葉、蔓、コケなどを組み合わせて植物の葉を中に敷いた巣を作り、卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数が減少している種もいる。

画像[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社、2000年、100、190頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社、2000年、94、185頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社1986年、6-7頁。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ヒロハシ科」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類