ヒュー・フレイザー (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュー・フレイザー(Hugh Fraser、1837年2月22日1894年6月4日)は、英国外交官1889年から1894年まで駐日英国公使を務めた。

フレイザーは、特命全権公使[1]として東京英国公使館に勤務した。フレイザーは1894年7月16日に署名された日英通商航海条約1858年に締結された不平等条約である日英修好通商条約の改訂)の一連の交渉にあたった。これは1899年治外法権の撤廃につながるものであった。

経歴[編集]

日本着任まで[編集]

ヒュー・フレイザーは スコットランドのフレーザー家の分家たるバルネイン家(インヴァネス)の出身である。

1837年2月22日に生まれ、1849年から1854年までロンドン西部のイートン・カレッジで学んだ。卒業後の1855年1月にハーグの無給公使館員に任命されたが、翌月にはドレスデンに異動、さらに1857年8月にコペンハーゲンに異動した。1859年8月に有給公使館員になるための試験に合格し、1862年9月に中央アメリカの英国公使館に配属された。

その後フレイザーはストックホルム北京およびローマで勤務した。1874年イタリアでメアリー・クロフォード(Mary Crawford)と結婚。夫人は回想記『英国公使夫人の見た明治日本』[2]によって、没後は夫より歴史上で有名になった。北京の代理公使に転任し、ウィーン、ローマ、サンチアゴと転勤し、1888年4月に在日公使を任命された。

駐日英国公使[編集]

青山墓地 にあるフレイザーの墓

フレイザーは1889年5月に、公使として東京に着任した。公使としての最大の問題は条約の改正であった。また在任中にコンノート殿下が来日しており、その対応も行った。

1893年6月には賜暇で一旦帰国し、翌年3月に東京に戻ったが、5月上旬に病気になった。エルヴィン・フォン・ベルツの治療を受けたが、1894年6月4日に亡くなった。57歳であった。葬儀は6月6日に行われ、青山墓地に埋葬された。葬儀の手配は建築家であるジョサイア・コンドルが行った。フレイザーは日本で在職中に亡くなった英国公使・大使としては唯一の人である[3]。また、在任が短かったため、サーの称号も受けることができなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本に駐在する英国の主席外交官が大使となったのは1905年であり、それまでは公使が最上級職であった
  2. ^ メアリー・クロフォード・フレイザー『英国公使夫人の見た明治日本』(ヒュー・コータッツィ編、横山俊夫訳、淡交社 1988年)。ISBN 9784473010339
  3. ^ 在職中の死亡ではないが、チャールズ・エリオットは大使辞職後も仏教研究のため日本に留まっており、病気を得て帰国途中に船上で死亡した。

参考文献[編集]

外交職
先代:
フランシス・プランケット
Flag of the United Kingdom.svg 駐日英国公使
4代公使:1889年 - 1894年
次代:
パワー・ヘンリー・ル・プア・トレンチ