パワー・ヘンリー・ル・プア・トレンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パワー・ヘンリー・ル・プア・トレンチ(Power Henry Le Poer Trench、1841年5月11日 - 1899年4月30日)は英国外交官で、1894年から1895年まで駐日英国公使を務めた。

トレンチは、第三代クランカーティ伯ウィリアム・トーマスル・プア・トレンチ(William Thomas Le Poer Trench, 3rd Earl of Clancarty )とサラ・ジュリアナ・バトラーの4男である[1]

経歴[編集]

1859年、18歳でパリの英国大使館に採用された。1860年イスタンブル1871年ミュンヘンに天転任。その後、リオ・デ・ジャネイロワシントン、本国外務省、ローマと転勤し1882年から1889年まで東京の駐日英国公使館に一等書記官として勤務した。1889年から1893年まで、ベルリンで一等書記官を務め、1893年から1894年まで、メキシコ特命全権公使を務めた[2]

1894年6月25日、急死したヒュー・フレイザーの後任として、駐日英国公使[3]。に任命された。前回の東京での勤務実績を、当時のローズベリー外相が特に評価したものであった。

丁度日清戦争の最中であり、当然戦争が英国の権益に影響を及ぼさないようにすることが、トレンチの主たる業務となった。上海の貿易の中立性を阻害しないよう、トレンチは日本側と交渉した。また英国籍を持つ住民に中立を維持させている。

メキシコに赴任した時から健康は優れていなかったが、1895年2月下旬、失語症と麻痺の発作に襲われた。結局回復することなしに、5月10日に日本を離れた。後任はアーネスト・サトウであった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Peerage: Power Henry Le Poer Trench, ID #48807
  2. ^ コータッツィ、Pg137-138。
  3. ^ 日本に駐在する英国の主席外交官が大使となったのは1905年であり、それまでは公使が最上級職であった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

外交職
先代:
ヒュー・フレイザー
Flag of the United Kingdom.svg 駐日英国公使
5代公使:1894 - 1895
次代:
アーネスト・サトウ