ジュリア・ウォード・ハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリア・ウォード・ハウ
生誕 1819年5月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死没 1910年10月17日(満91歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロードアイランド州ポーツマス
職業 奴隷制度廃止運動家政治活動家詩人著作家
配偶者 サミュエル・グリドリー・ハウ
子供 6人
テンプレートを表示

ジュリア・ウォード・ハウJulia Ward Howe1819年5月27日 - 1910年10月17日)はアメリカ合衆国の著名な奴隷制度廃止運動家政治活動家リパブリック讃歌作詞者として有名な詩人でもある。

来歴[編集]

生い立ちと家系[編集]

ジュリア・ウォードは父サミュエル・ウォード(1786年5月1日 - 1839年11月27日)と母ジュリア・ラッシュ・カトラーの7人の子供の内、第4子としてニューヨーク市で生まれた。兄弟の1人にサミュエル・カトラー・ウォード (Samuel Cutler Ward) がいた。父親は裕福な銀行家だった。母親は彼女が5歳の時に他界した。幼少からイタリア語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語と多くの言語を学んだ。

彼女の父方の祖父母は大陸軍の中佐サミュエル・ウォード(1756年11月17日 - 1832年8月16日)とフィービー・グリーン(1828年10月11日に死去)、母方の祖父母はベンジャミン・クラークとサラ・ミッチェル・カトラーである。

父方の祖父サミュエル・ウォード中佐は、ロードアイランド州の総督で、後に大陸会議の代表となったサミュエル・ウォード(1725年5月27日 - 1776年3月26日)とアンナ・レイ(1770年12月3日没)の息子である。父方の祖母フィービー・グリーンはロードアイランド州知事ウィリアム・グリーン (William Greene、1731年8月16日 - 1809年11月30日)とキャサリン・レイの娘であった。

結婚と子供達[編集]

1843年、ギリシャ独立戦争の英雄の1人でシェブ (Chev) の愛称を持つ医学博士のサミュエル・グリドリー・ハウ (Samuel Gridley Howe) と結婚した。ハウはパーキンス盲学校の初代校長である。夫妻はサウスボストンに自宅を建て、6人の子供達が生まれ(その内の5人が成人している)、自由土地党で活動した。彼女はユニテリアン派教会 (American Unitarian Association) に所属していた。

社会的活動[編集]

ハウがウィリアム・ステッフェ (William Steffe、1830年 - 1890年) の既存の曲に歌詞を付けた「リパブリック讃歌」は1862年のアトランティック・マンスリー (the Atlantic Monthly) で最初に発表され、直ちに南北戦争において北軍の間で最も人気の高い歌の1つとなった。

1870年、ハウは「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation) と共に、初めて「母の日」を宣言した。

戦争後は平和主義女性参政権の運動に集中した。1872年から1879年まで、ルーシー・ストーン (Lucy Stone) とヘンリー・ブラウン・ブラックウェル (Henry Browne Blackwell) の「Woman's Journal」の編集を手伝った。

死去[編集]

晩年のハウ

1910年10月17日、ハウはロードアイランド州ポーツマス、オークグレンの自宅で亡くなった[1]。91歳であった。彼女はマサチューセッツ州ケンブリッジのマウント・オーバン・セメタリー (Mount Auburn Cemetery) に埋葬された。

栄誉[編集]

1908年1月28日、ハウはアメリカ芸術文学アカデミー (American Academy of Arts and Letters) に選ばれた初の女性となった。1970年には没後60年にしてソングライター殿堂 (Songwriters Hall of Fame) 入りを果たした。

ハウの肖像は1987年にアメリカで発行された14セント切手の図柄になっている。

シカゴ・オースティン・コミュニティのジュリア・ウォード・ハウ・スクール・オブ・エクセレンス(幼稚園から小学校までの8年間の学校)は彼女の栄誉を讃え名付けられた。

ロードアイランド州オークグレンの彼女の家は1978年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に加えられた。

作品[編集]

Ogg Vorbis音声ファイル、4分16秒

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  • The Hermaphrodite』 小説、未完であるが1846 - 1847年に書かれたと思われる。Lincoln: University of Nebraska Press, 2009-01. ISBN 978-0803218871.
  • 『Passion-Flowers』 詩集。Boston: Ticknor, Reed, and Fields, 1854.
  • 『Words for the Hour』 詩集。Boston: Ticknor and Fields, 1857.
  • 『From Sunset Ridge; Poems Old and New』 詩集。Boston, New York: Houghton Mifflin & Co. 1898.
    • 『From Sunset Ridge - Poems Old And New (Paperback)』 Fabri Press, 2008-07. ISBN 978-1409768258.
  • 『Later Lyrics』 詩集。Boston: J. E. Tilton & company, 1866. ASIN B001UORZOE
  • 『At Sunset』 詩集。Boston and New York: Houghton Mifflin Co., 1910.

関連資料[編集]

  • Representative women of New England (1904). Whitefish: Kessinger Publishing, LLC, 2008-10. ISBN 978-1437156201.
  • Richards, Laura Elizabeth Howe. Julia Ward Howe, 1819–1910. Boston: Houghton Mifflin, 1916. 2 vol.
    • Julia Ward Howe 1819-1910 - Volume II (Paperback). Bronson Press, 2007-03. ISBN 978-1406726428.
  • Clifford, Deborah Pickman. Mine Eyes Have Seen the Glory: A Biography of Julia Ward Howe. Boston: Little, Brown and Co., 1978. ISBN 978-0316147477.
  • Wlliams, Gary. Hungry Heart: The Literary Emergence of Julia Ward Howe. Amherst: U Massachusetts P, 1999. ISBN 978-1558491571.

脚注[編集]

  1. ^ Ehrlich, Eugene; Gorton Carruth (1982) (英語). The Oxford Illustrated Literary Guide to the United States. New York: Oxford University Press. pp. p. 71. ISBN 978-0195031867. 

外部リンク[編集]

作品と文書

伝記

栄誉