パトリック・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリック・ジョンソン Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Patrick George Johnson
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
種目 短距離走
生年月日 1972年9月26日(42歳)
出身地 オーストラリアの旗 クイーンズランド州ケアンズ
身長 177cm
体重 73kg
成績
オリンピック 100m 2次予選5組5着 (2000年
200m 2次予選3組7着 (2000年)
4x100mR 6位 (2004年
世界選手権 100m 2次予選1組4着 (2005年
200m 6位 (2005年)
4x100mR 5位 (2005年)
地域大会決勝 コモンウェルスゲームズ
100m 6位 (2006年
200m 4位 (2006年)
4x100mR 3位 (2002年)
国内大会決勝 オーストラリア選手権
100m 優勝 (2003年)
200m 優勝 (2001,03,06,10年)
最高世界ランク 2003年世界ランキング
100m 1位 9秒93
自己ベスト
60m 6秒69 (2001年)
100m 9秒93 (2003年) オセアニア記録
200m 20秒35 (2006年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

パトリック・ジョンソンPatrick George Johnson1972年9月26日 ‐ )は、オーストラリアクイーンズランド州出身の陸上競技選手である。ジョンソンは父がアイルランド人で、母がアボリジニである。

2003年5月に水戸市で行われた水戸国際陸上競技大会の100m決勝のレースにおいて、9秒93(+1.8m/s)のオセアニア新記録を樹立した[1]。これはシーズン世界最高記録となったとともに、黒人選手以外では史上初の9秒台という快挙であった[2]末續慎吾と並んで、「最速の非ネグロイド」とも呼ばれた。なお、2003年2月にバース追い風参考記録ながら100mを9秒90(+5.7m/s)と9秒88(+3.6m/s)で走っている[3][4]

2010年2月には、37歳という年齢ながら100mで10秒18を記録した。4月のオーストラリア選手権は100mで4位、200mは決勝で20秒78を記録して4年ぶりの優勝を果たした。38歳となって出場した10月のコモンウェルスゲームズでは、4×100mリレーの予選で1走を務めて決勝進出に貢献した。

ジョンソンのオリンピック世界選手権での成績は、100mでは両大会を通じて2次予選までしか進出できなかったが、200mでは2005年世界選手権で決勝に進出した。世界選手権の同種目で決勝に進出したオーストラリア人は、1993年シュトゥットガルト大会ディーン・カポビアンコ英語版ダミアン・マーシュ英語版に次いで史上3人目であったが[5]、結果は6位に終わり、ダミアン・マーシュが記録した5位というオーストラリア人最高成績を更新することはできなかった。4×100mリレーでは2004年オリンピックで3走目を務めて6位、2005年世界選手権では4走目を務めて5位に終わり、メダル獲得はならなかった。2大大会以外の成績では、2002年コモンウェルスゲームズの4×100mリレーで4走目を務めて銅メダルを獲得している[6]

記録[編集]

種目 記録 場所 備考
屋外
100m 9秒93 (+1.8m/s) 2003年5月5日 日本の旗 水戸 オセアニア記録
150m 15秒67 (-0.7m/s) 2006年12月2日 オーストラリアの旗 ジーロング
200m 20秒35 (+1.0m/s) 2006年8月22日 スウェーデンの旗 マルメ
300m 33秒11 2006年12月2日 オーストラリアの旗 ジーロング
室内
60m 6秒69 2001年3月11日 ポルトガルの旗 リスボン

主な戦積[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1997 世界選手権 アテネ 200m 1次予選 21秒45 (+1.1)
1997 ユニバーシアード シチリア 100m 1次予選 DNS 棄権
200m 1次予選 DNS 棄権
1999 ユニバーシアード パルマ・デ・マヨルカ 200m 6位 21秒06 (-1.0)
100m 1次予選 DNS 棄権
2000 オリンピック シドニー 100m 2次予選 10秒44 (+0.2)
200m 2次予選 20秒87 (-0.2)
4x100mR 準決勝 DQ (4走) 失格、予選は1走
2001 世界室内選手権 リスボン 60m 準決勝 6秒69
2002 コモンウェルスゲームズ マンチェスター 4x100mR 3位 38秒87 (4走)
2002 IAAFワールドカップ マドリード 100m 8位 10秒58 (-0.3)
4x100mR 7位 39秒58 (4走)
2003 世界選手権 パリ 100m 2次予選 10秒27 (+0.7)
200m 2次予選 20秒83 (+0.6)
4x100mR 準決勝 38秒90 (2走)
2004 オリンピック アテネ 4x100mR 6位 38秒56 (3走)
2005 世界選手権 ヘルシンキ 100m 2次予選 10秒48 (-2.0)
200m 6位 20秒58 (-0.5) 12年ぶりの豪州男子ファイナリスト
史上3人目の豪州男子ファイナリスト
4x100mR 5位 38秒32 (4走) 予選は3走
2006 コモンウェルスゲームズ メルボルン 100m 6位 10秒26 (+0.9)
200m 4位 20秒59 (+0.5)
4x100mR 決勝 DNF (2走) 途中棄権、決勝のみ出走
2006 IAAFワールドカップ アテネ 100m 8位 10秒28 (+1.1)
4x100mR 6位 39秒48 (2走)
200m 5位 20秒52 (+0.1)
2007 世界選手権 大阪 100m 2次予選 10秒29 (-0.6)
200m 準決勝 20秒73 (-0.4)
2010 コモンウェルスゲームズ デリー 4x100mR 予選 39秒53 (1走) 2組2着(決勝進出)[7]

脚注[編集]

  1. ^ 100m Patrick Johnson 9.93 OceaniaAR & Shingo Suetsugu 10.03 PB - YouTube
  2. ^ 末続10秒03で2位 水戸国際陸上 - 共同通信
  3. ^ Perth sees 52.54 win for Freeman, and Johnson go sub-10 windy - 国際陸連内世界陸上大会ページ
  4. ^ JOHNSON Patrick - 2006コモンウェルスゲームズ公式サイト
  5. ^ Johnson and Steffensen reach finals - フェアファックス
  6. ^ Official results
  7. ^ 予選のみ出走。オーストラリアは決勝で39秒14の4位

外部リンク[編集]

記録
先代:
アメリカ合衆国の旗 モーリス・グリーン
1999-2002
100mシーズンベスト記録保持者
2003
次代:
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・ガトリン
2004
先代:
オーストラリアの旗 マット・シルビントン
100mオセアニア記録保持者
2003/5/5 -
次代:
未定
先代:
マット・シルビントン
100mオーストラリア記録保持者
2003/5/5 -
次代:
未定
功績
1-2人目:
ディーン・カポビアンコ1993
ダミアン・マーシュ (1993)
世界選手権200m
オーストラリア男子ファイナリスト

2005
4人目:
未定