バハードゥル・シャー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハードゥル・シャー1世

バハードゥル・シャー1世Bahadur Shah I, 1643年10月14日 - 1712年2月17日)はムガル帝国第7代皇帝(在位:1707年 - 1712年)。第6代皇帝アウラングゼーブの長男で、シャー・アーラム1世としても知られる。本名はクトゥブッディーン・ムハンマド・ムアッザム(Qutb ud-Din Muhammad Mu'azzam)。

生涯[編集]

皇子時代はムアッザム・ハーン(Mu'azzam khan)の名で呼ばれた。

1707年、父アウラングゼーブ死後、帝位を継承し、三弟アーザム・ハーン五弟カーム・バフシュの2人を殺したが、異教徒勢力の離反で帝国の支配は弱体化していった。

1712年ラホールにて死去し、長子ジャハーンダール・シャーが帝位を継いだ。