バハードゥル・シャー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハードゥル・シャー1世
Bahadur Shah I
ムガル帝国第7代皇帝
Bahadur Shah l.jpg
バハードゥル・シャー1世
在位 1707年 - 1712年
戴冠 1707年3月27日5月2日
別号 パードシャー
全名 クトゥブッディーン・ムハンマド・ムアッザム
出生 1643年10月14日
ブルハーンプル
死去 1712年2月27日
ラホール
埋葬 モーティー・マスジド
配偶者 ニザーム・バーイーなど
子女 ジャハーンダール・シャーなど
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 アウラングゼーブ
母親 ナワーブ・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

バハードゥル・シャー1世ウルドゥー語:بہادر شاه اول, Bahadur Shah I, 1643年10月14日 - 1712年2月17日)は、北インドムガル帝国の第7代君主(在位:1707年 - 1712年)。シャー・アーラム(Shah Alam)あるいはシャー・アーラム1世(Shah Alam I)としても知られる。第6代君主アウラングゼーブの次男で、母はナワーブ・バーイー

父の死後、バハードゥル・シャー1世は2人の兄弟アーザムカーム・バフシュを討ち、帝位を確固たるものとした。

だが、父の治世における反動があらわれはじめ、マラーターラージプートジャートシク教徒など異教徒の離間もあり、これらに対する戦闘は帝国に巨額の出費をもたらした。また、ジャーギールを与えすぎたことも、結果として財政の悪化につながった。

1712年、バハードゥル・シャー1世は死亡し、その死後には4人の息子らによる帝位継承戦争があった。

生涯[編集]

即位以前[編集]

若年のムアッザム

1643年10月14日、バハードゥル・シャー1世ことムアッザムは、ムガル帝国の皇帝アウラングゼーブとその妃ナワーブ・バーイーとの間に生まれた[1][2][3]

彼の父アウラングゼーブは皇帝に即位すると、ムガル帝国の宗教観用政策を捨て、異教徒を弾圧するようになった。だが、ムアッザムはそれに反対するなど、父とは違う一面を持っていた。

1661年7月デカン総督のジャイ・シングアンベール王国の君主でもある)が死ぬと、ムアッザムはその後任としてデカンへ赴いた。

ムアッザムがデカンのアウランガーバードに着くと、当時アウラングゼーブと対立していたマラーターの指導者シヴァージーは、10月に息子サンバージーを使者として送った。同月にサンバージーがアウランガーバードに到着すると、ムアッザムはサンバージーを歓迎し、彼らはとても親しい関係となり、講和条約を締結することをなった。

だが、父帝アウラングゼーブは、ムアッザムがマラーターと親密になったことを嫌い、彼はアフガニスタンの総督として左遷された。

しかし、ムアッザムはアフガニスタンに派遣されたのち、父と対立していたパンジャーブシク教の教主グル・ゴーヴィンド・シングとは講和にはいたらなかったものの、一定の友好関係にあった。

1681年9月以降、父帝アウラングゼーブはデカンに遠征し(デカン戦争)、デカン諸国を一連の戦闘で破り、サンバージーも1689年3月に殺され、その没年までに帝国の領土を最大にした[4]

即位と弟たちとの争い[編集]

バハードゥル・シャー1世

1707年3月3日、アウラングゼーブがデカンで死ぬと、同月27日あるいは29日にムアッザムはカーブルにおいてアウラングゼーブの後継者として帝位を宣し、勇猛な王を意味する「バハードゥル・シャー(1世)」を号した[2]。ただし、帝位を宣したのは同年5月2日ペシャーワルだとする場合もある[2]

その後、ムアッザムはすぐさまアフガニスタンを離れ、アーグラに到着したのち、国庫を押さえた[5]

しかし、その弟アーザムカーム・バフシュはこれに反対し、彼らもまた帝位を宣し、公然と各地で反抗し始めたため、バハードゥル・シャー1世はこれらを討伐することを決めた[5]

同年6月19日、バハードゥル・シャー1世はアーザムの軍をジャージャウーの戦いで破り、彼とその息子ビダル・シャーを殺害した(別の息子ワッラー・ジャーも殺した)[6]。別の弟カーム・バフシュはデカンで抵抗していたが、1709年1月13日にハイダラーバードで彼を打ち破り、翌日にカーム・バフシュはこの戦で受けた傷がもとで死んだ(ハイダラーバードの戦い[1]

こうして、バハードゥル・シャー1世は、弟二人と甥二人を殺害し、その王座を揺るぎないものにした[5]

統治[編集]

バハードゥル・シャー1世のコイン

バハードゥル・シャー1世は統治をはじめると、アウラングゼーブの宗教不寛容政策を見直し、その在位期間に帝国領のヒンドゥー寺院が破壊されることはなかった。

とはいえ、ラージプートの諸国に対しては、父と対立していたマールワール王国のみならず、忠実だったアンベール王国へもその支配を強めようとし、アンベール王ジャイ・シング2世を弟のヴィジャイ・シングに代えようとした[7]。また、両国の首都アンベールジョードプルにそれぞれ軍勢を駐屯させ、帝国の権威に屈服させようとさえした[7]

しかし、この試みは結局のところ失敗し、バハードゥル・シャー1世は両国と和議を結んだ。とはいえ、両国の王が要求したより高位のマンサブ(位階)、マールワーグジャラート太守スーバダール)位は拒否した[7]

一方、パンジャーブのシク教教主ゴーヴィンド・シングとは、マンサブを与えることで講和し、面会もしている。ゴーヴィンド・シングはバハードゥル・シャー1世に忠実で、1708年にはデカンへのマラーターの討伐にも加わるほどだったが、シルヒンドの知事ワズィール・ハーンは皇帝との講和を疑っており、10月に彼を暗殺してしまった。

これにより、帝国とシク教徒の講和は決裂し、シク教徒はバンダー・バハードゥルに率いられて帝国に反乱を起こすこととなった。

後期ムガル帝国への道と死[編集]

晩年のバハードゥル・シャー1世

しかし、バハードゥル・シャー1世がその治世間の戦闘で、戦功をたてたインド人を貴族に多数とりたてたことは、イラン系トルコ系モンゴル系の貴族を憤慨させ、ムガル宮廷の分裂を招いた[5]。そのうえ、バハードゥル・シャー1世がジャーギール(給与地)を与えすぎた結果、帝国の行政は悪化し、財政は急速に悪化していった[8]

さらに、アウラングゼーブの死後、ムガル帝国の領土では各地で反乱が頻発し、マラーターが勢いを取り戻してデカンや北インド方面の各地を略奪していた[5]

父の治世から反乱を起こしていたジャート族も、アーグラ付近のバラトプルで反乱を継続し、ムガル帝国の根幹を脅かすようになった[9]

パンジャーブでも、ゴーヴィンド・シングが暗殺されたことで、シク教徒がバンダー・バハードゥルに率いられ反乱を起こしていた。

ラージプート諸王国は自分の領地の主権を取り戻して事実上帝国から独立し、ザミーンダールのなかでも大きなものは半独立化し、納税を拒否する者もあらわれた。

このような皇位継承戦争や反乱軍との戦いは、帝国に巨額の出費を強いることになった[9]。デカン戦争以来ずっと悪化していた財政をさらに圧迫し、1707年の段階で1億3000万ルピーあった帝国の国庫はその治世に底をついた[8]。バハードゥル・シャー1世の治世に関して、歴史家ハーフィー・ハーンはこう断言している[5]

「帝国には出費をまかなうだけの収入がない」

アウラングゼーブの死後、その悪政の結果として徐々に崩壊に向かっていった帝国は、バハードゥル・シャー1世ではどうすることもできず、彼の治世は後期ムガル帝国への始まりであった[5]

そうしたなか、1712年2月27日、バハードゥル・シャー1世はラホールで死亡した[2]。その4人の息子たちの間で帝位をめぐり次の皇位継承戦争が始まり、帝国はまたしても破滅への道を歩んでいった[5][8]

人物・評価[編集]

バハードゥル・シャー廟(モーティー・マスジド

バハードゥル・シャー1世は学識のある有能な人物だったが、その治世は5年に満たずとあまりにも短く、49年と長く続いた父帝アウラングゼーブの治世と比べると対照的であった。

ハーフィー・ハーンは、バハードゥル・シャー1世の人物像を次のように述べている[3]

「悪徳には染まっていないが、国の防衛や領土の統治及び管理になると、一人よがりで投げやりになる」

とはいえ、バハードゥル・シャー1世は父帝とは違い、帝国の宗教寛容政策を守ろうとした人物であり、彼はその短い治世の間、父の代からの問題を取り除こうとしたのもまた事実である[8]

もし、バハードゥル・シャー1世の治世がもう少し長く続けば、多少なりとも帝国の運命は好転したかもしれない、とビパン・チャンドラは語っている[8]

家族[編集]

父母[編集]

后妃[編集]

正室[編集]

  • ニザーム・バーイー
  • アムリタ・バーイー
  • 氏名不詳(アブドゥル・ムーミンの娘)
  • ヌールンニサー・ベーグム
  • ミフルンニサー・ベーグム
  • アマトゥル・ハビーブ・ベーグム
  • チャタル・バーイー
  • ディル・ルバー・バーグム

計8人[2]

側室[編集]

なし。

息子[編集]

バハードゥル・シャー1世と4人の息子(話しているのは孫)

計8人[2]

[編集]

  • ダフル・アフルーズ・バーヌー・ベーグム
  • ミフルンニサー・ベーグム
  • アズィーズンニサー・ベーグム

計3人[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Delhi 7
  2. ^ a b c d e f g Delhi 9
  3. ^ a b ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.247
  4. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.242
  5. ^ a b c d e f g h ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.248
  6. ^ Delhi 8
  7. ^ a b c チャンドラ『近代インドの歴史』、p.3
  8. ^ a b c d e チャンドラ『近代インドの歴史』、p.4
  9. ^ a b ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.227

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 
  • ビパン・チャンドラ; 栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年 

関連項目[編集]