ジャハーンダール・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャハーンダール・シャー
Jahandar Shah
ムガル帝国第8代皇帝
Jahandar Shah of India.jpg
ジャハーンダール・シャー
在位 1712年 - 1713年
戴冠 1712年3月29日
別号 パードシャー
全名 ムイズッディーン・ムハンマド・ジャハーンダール
出生 1661年5月9日
デカン地方
死去 1713年2月11日
デリーデリー城
埋葬 デリーフマーユーン廟
配偶者 ラール・クンワール
  ほか数名
子女 アーラムギール2世
ほか数名
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 バハードゥル・シャー1世
母親 ニザーム・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ジャハーンダール・シャーヒンディー語:जहांदार शाह, ウルドゥー語:جہاںدار شاہ‎, Jahandar Shah, 1664年5月9日 - 1713年2月11日)は、北インドムガル帝国の第8代君主(在位:1712年 - 1713年)。父は第7代君主バハードゥル・シャー1世、母はニザーム・バーイー

生涯[編集]

父の死後1712年、3人の弟アズィーム・ウッシャーンラフィー・ウッシャーンジャハーン・シャーを討ち、帝位を継承した[1]

しかし、その実権は政権の得るための功労者ズルフィカール・ハーンに握られていた。それでもジャハーンダール・シャーは彼を追い落とそうともした[2] [3]

程なくして、1713年にアズィーム・ウッシャーンの皇子ファッルフシヤルに敗れて殺害された[4][5]

一方、帝国が衰退する中で、マラーター王国が台頭し、シク教徒ラージプートの勢力が次々と帝国に離反し、帝国の版図はより縮小していった。

1699年に生まれた皇子がのちにアーラムギール2世として皇帝に即位した[6]

脚注[編集]

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p249
  2. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p7
  3. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p249
  4. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p249
  5. ^ Delhi 10
  6. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p249

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン著、小名康之監修・月森左知訳『ムガル皇帝歴代誌』 創元社、2009年
  • ビパン・チャンドラ著、栗原利江訳『近代インドの歴史』山川出版社、2001年

関連項目[編集]