アフマド・シャー (ムガル皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフマド・シャー

アフマド・シャー(Ahmad Shah, 1725年 - 1775年1月1日)は、ムガル帝国の第13代皇帝(在位:1748年 - 1754年)。第12代皇帝ムハンマド・シャーの子。アフマド・シャー・バハードゥル(Ahmad Shah Bahadur)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1748年ムハンマド・シャーが死ぬと、その跡を継いだ。しかし、その治世は、アフガニスタンドゥッラーニー朝の侵略と、宰相でアワド太守サフダル・ジャングニザーム王国ミール・カマルッディーンの息子ガーズィー・ウッディーンの争いについやされた。1752年にガーズィー・ウッディーンは殺されたが、1754年にその息子ガーズィー・ウッディーンによって幽閉されしまい、1775年に死亡した。

参考文献[編集]