アフマド・シャー (ムガル皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフマド・シャー・バハードゥル
Ahmad Shah Bahadur
ムガル帝国第13代皇帝
This painting depicts Ahmad Shah (1748-54)..jpg
アフマド・シャー
在位 1748年 - 1754年
戴冠 1748年5月4日
別号 パードシャー
全名 ムジャーヒドゥッディーン・ムハンマド・アフマド
出生 1725年12月23日
デリーデリー城
死去 1775年1月1日
デリーサリームガル城
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 ムハンマド・シャー
母親 ウドハム・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

アフマド・シャー(Ahmad Shah, 1725年5月4日 - 1775年1月1日)は、ムガル帝国の第13代君主(在位:1748年 - 1754年)。第12代君主ムハンマド・シャーの息子、母はウドハム・バーイーアフマド・シャー・バハードゥル(Ahmad Shah Bahadur)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1748年ムハンマド・シャーが死ぬと、その跡を継いだ[1]

しかし、その治世においてアフマド・シャーは堕落し続けた[1]。そのうえ、アフガニスタンドゥッラーニー朝の侵略と、宰相でアワド太守サフダル・ジャングニザーム王国ミール・カマルッディーンの息子ガーズィー・ウッディーン・ハーンの争いについやされた[1]

1752年にガーズィー・ウッディーンは殺されたが、1754年にその息子ガーズィー・ウッディーン・ハーンによって幽閉されしまった[2]

その後、叔父のアーラムギール2世が新たな皇帝として擁立され、1775年にアフマド・シャーは幽閉の身のまま死亡した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p255
  2. ^ a b ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p256

参考文献[編集]