アフマド・シャー (ムガル皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフマド・シャー・バハードゥル
Ahmad Shah Bahadur
ムガル帝国第13代皇帝
This painting depicts Ahmad Shah (1748-54)..jpg
アフマド・シャー
在位 1748年 - 1754年
戴冠 1748年5月4日
別号 パードシャー
全名 ムジャーヒドゥッディーン・ムハンマド・アフマド・シャー
出生 1725年12月23日
デリーデリー城
死去 1775年1月1日
デリーサリームガル城
埋葬 デリー、マリアム・マカーニー廟
子女 ジャハーン・シャー
など
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 ムハンマド・シャー
母親 ウドハム・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

アフマド・シャー(Ahmad Shah, 1725年5月4日 - 1775年1月1日)は、北インドムガル帝国の第13代君主(在位:1748年 - 1754年)。父は第12代君主ムハンマド・シャー、母はウドハム・バーイーアフマド・シャー・バハードゥル(Ahmad Shah Bahadur)とも呼ばれる。

生涯[編集]

即位以前と即位[編集]

1725年5月4日ムガル帝国の皇帝ムハンマド・シャーの次男として、デリー城で誕生した[1][2]

1748年4月26日、アフマド・シャーがアワド太守の軍勢とともにドゥッラーニー朝アフガン軍を追撃中、父帝ムハンマド・シャーが死亡した。彼がデリーに戻るまでその死を隠す必要があったため、その遺体は王宮のテーブルクロスに包まれたのち、ヨーロッパ製の大時計の中に入れられ、その到着まで埋めてあったという[3]

その後、アフマド・シャーはデリーに戻ったのち、5月4日デリー城シャーリーマール庭園で即位式を挙げた[2][1]

帝国の内部争い[編集]

アフマド・シャー・アブダーリー
アフマド・シャーの治世に鋳造されたルピー銀貨

ムハンマド・シャーの死後、皇帝アフマド・シャーはアワド太守サフダル・ジャングを帝国の宰相(ワズィール)に任じ、アーサフ・ジャーの息子ガーズィー・ウッディーン・ハーン(フィールーズ・ジャング2世)を軍務大臣(ミール・バフシー)に任命するなど、順調な出だしを歩んだ[1]

しかし、実際はナワーブ・ジャウド・ハーンという宦官が政治の主導権を握り、アフマド・シャーも彼を信用しきっていた。また、アフマド・シャーの母ウドハム・バーイーは彼と長く関係を持っていたので、彼女も政治に関与するようになった[1]。さらに、アフマド・シャー自身も父帝ムハンマド・シャーに似て後宮で遊ぶようになり、歴史家アノンの「アフマド・シャー伝」では「皇帝はゼナーナ(後宮)に閉じこもり、まる1週間男とまったく顔を合わさずに過ごすこともあった」とさえ記している[1]

そうしたなか、1751年12月、アフガン王アフマド・シャー・ドゥッラーニーが北西インドに侵攻し、1752年に帝国はパンジャーブ地方カシミール地方を奪われた[4]。このようにアフガン軍が侵攻するなか、1750年代サフダル・ジャングを中心とするイラン系貴族と、軍務大臣ガーズィー・ウッディーンやナワーブ・ジャウド・ハーンのトルコ系貴族の争いが起こっていた[4]

1752年8月、サフダル・ジャングはナワーブ・ジャウド・ハーンを暗殺した[4]。また、同年10月にはニザーム王国へと戻ったガーズィー・ウッディーン・ハーンも暗殺され自滅するなど、サフダル・ジャングに有利な状況となった。

だが、ガーズィー・ウッディーン・ハーンの息子ガーズィー・ウッディーン・ハーン(フィールーズ・ジャング3世)は父の官職を引き継ぎ、サフダル・ジャングに対抗した。サフダル・ジャングはトルコ系貴族との争いに敗れ、1753年5月13日に宰相職を辞して帝都デリーからアワドに引き上げた[4]

廃位と死[編集]

その後、サフダル・ジャングの後継者である宰相と軍務大臣ガーズィー・ウッディーン・ハーンとの間に権力争いが起こった[4]。また、宮廷ではアフガン勢力の侵攻に対抗するためにマラーターと組もうとする声も上がっていた[5]。ガーズィー・ウッディーン・ハーンはマラーターのシンディア家ホールカル家と接近して手を結び、これに勝利した[4]

同年6月2日、ガーズィー・ウッディーンはアフマド・シャーに宰相位を要求したが断られたため、アフマド・シャーとその母ウドハム・バーイーの目を盲目した[4][2]。その後、ジャハーンダール・シャーの息子アーラムギール2世を皇帝とし、盲目にされたアフマド・シャーとウドハム・バーイーはデリーのサリームガル城に幽閉された[4][2]

のち、1788年アフガン系ローヒラー族がデリーを占領した際、アフマド・シャーの息子ビーダール・バフトは一時的に傀儡の皇帝となった。

家族[編集]

父母[編集]

后妃[編集]

  • ガウハール・アフルーズ・バーヌー・ベーグム
  • マハーバト・ハーンの娘
  • イナーヤトプリー・バーイー
  • サルファラーズ・マハル
  • ウッタム・クマーリー

息子[編集]

  • ハミード・シャー
  • ジャハーン・シャー
  • タラー・サイード・シャー
  • ジャミーヤト・シャー
  • ディラーワル・シャー
  • ミールザー・ルジュビー
  • ミールザー・ムガル

計7人[2]

[編集]

  • ムフタラムンニサー・ベーグム
  • ディル・アフルーズ・ベーグム(ムハンマディー・ベーグム)

計2人[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.255
  2. ^ a b c d e f Delhi 11
  3. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.254
  4. ^ a b c d e f g h ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.256
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.218

参考文献[編集]

  • 小谷汪之 『世界歴史大系南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 
  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年ISBN 978-4-422-21520-4 

関連項目[編集]