ラフィー・ウッダラジャート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフィー・ウッダラジャート
Rafi' ud-Darajat
ムガル帝国第10代皇帝
Emperor Rafi Uddar Jat.jpg
ラフィー・ウッダラジャート
在位 1719年
戴冠 1719年5月28日
別号 パードシャー
全名 シャムスッディーン・ムハンマド・ラフィー・ウッダラジャート
出生 1699年12月1日
死去 1719年6月13日
アーグラ
埋葬 デリークトゥブッディーン・バフティヤール・カーキー
配偶者 イナーヤト・バーヌー・ベーグム
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 ラフィー・ウッシャーン
母親 ラズィーヤトゥンニサー・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ラフィー・ウッダラジャートヒンディー語:रफी उद-दर्जत, Rafi ud-Darajat, 1699年12月1日 - 1719年6月13日)は、北インドムガル帝国の第10代君主(在位:1719年)。父は第7代君主バハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーン

生涯[編集]

1699年12月1日、ラフィー・ウッダラジャートは、バハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーンとその妃ラズィーヤトゥンニサー・ベーグムの息子として生まれた[1]

1719年2月サイイド兄弟ファッルフシヤルを廃位し、新たな皇帝にバハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーンの息子、ラフィー・ウッダラジャートを即位させた[2]

だが、ラフィー・ウッダラジャートの治世の間、アーグラ太守であるビールバルがサイイド兄弟に対抗するため、同年5月18日アウラングゼーブの孫ネクシヤルを擁立する事態も発生した[3]

そして、同年6月6日にサイイド兄弟らはラフィー・ウッダラジャートを廃位し、同月8日に新たな皇帝にその兄ラフィー・ウッダウラ(シャー・ジャハーン2世)を即位させた[4]

同月13日、ラフィー・ウッダラジャートはサイイド兄弟によって、アーグラで殺害された[5]。ただし、結核で死亡したとする場合もある[6]

家族[編集]

后妃[編集]

  • イナーヤト・バーヌー・ベーグム

出典・脚注[編集]

  1. ^ Delhi 11
  2. ^ Delhi 11
  3. ^ Delhi 11
  4. ^ Delhi 11
  5. ^ Delhi 11
  6. ^ Delhi 11

関連項目[編集]