ラフィー・ウッダウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフィー・ウッダウラ
Rafi' ud-Daula
ムガル帝国第11代皇帝
Rafi' al-Daula Rafi' al-Shan Padshah ibn Bahadur Padshah,.jpg
ラフィー・ウッダウラ
在位 1719年
戴冠 1719年6月8日
別号 パードシャー、シャー・ジャハーン2世
全名 ラフィー・ウッディーン・ムハンマド・ラフィー・ウッダウラ
出生 1698年6月
死去 1719年9月19日
ファテープル・シークリー付近
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 ラフィー・ウッシャーン
母親 ヌールンニサー・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ラフィー・ウッダウラヒンディー語:रफी उद-दौलत, Rafi ud-Daula, 1699年6月 - 1719年9月19日)は、北インドムガル帝国の第11代君主(在位:1719年)。シャー・ジャハーン2世(Shah Jahan II)とも呼ばれる。父は第7代君主バハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーン

生涯[編集]

1696年6月、ラフィー・ウッダウラは、バハードゥル・シャー1世の三男ラフィー・ウッシャーンとその妃ヌールンニサー・ベーグムの息子として生まれた[1]

1719年6月6日サイイド兄弟は皇帝ラフィー・ウッダラジャートを退位させ、その兄であるラフィー・ウッダウラを新たな皇帝とした[1]

なお、弟の治世にアーグラで擁立されたネクシヤルは、 8月13日に捕えられ、デリーで幽閉されることとなった[1]

9月19日、サイイド兄弟はラフィー・ウッダウラも弟ラフィー・ウッダラジャートと同じように殺害した[1]。ただし、結核で死亡したとする場合もある。

9月27日、サイイド兄弟はバハードゥル・シャー1世の四男ジャハーン・シャーの息子ムハンマド・シャーを即位させた[1]

家族[編集]

后妃・子女なし

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Delhi 11

関連項目[編集]