ハリメデ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリメデ
Halimede
Halimede.jpg
仮符号・別名 S/2002 N 1
発見
発見日 2002年8月14日
発見者 M・J・ホーマン
軌道要素と性質
海王星からの平均距離 15,374,000km
離心率 (e) 0.5711
公転周期 (P) 1879,7日(5,15年)
軌道傾斜角 (i) 134°
海王星の衛星
物理的性質
直径 62km
アルベド(反射能) 0.04
色指数 (B-V) 0.37
■Project ■Template

ハリメデ(Halimede)は、海王星衛星

発見[編集]

2002年8月14日M・J・ホーマンによって発見された。2007年1月29日までは、S/ 2002 N 1 と名づけられていた。

概要[編集]

ハリメデは、海王星を逆行している不規則衛星である。この衛星はカイパーベルトの小惑星を海王星が捕まえたものであると見られる。

海王星の不規則衛星の軌道傾斜角と離心率

ハリメデは他の海王星の不規則衛星との関係を左図のような図によって示される。軸線の上にある衛星は順行しており、下にある衛星は逆行している。黄色の線分は近海点から遠海点に伸びており、線分の長さが離心性を表している。

ハリメデは直径62kmほどである。可視光では中間色(灰色)をしている。この色がネレイドと酷似しており、この衛星はネレイドの破片ではないかとも考えられている。

命名の由来[編集]

他の多くの海王星衛星と同じく、ネレイデスの一人ハリメデからとられている。