ガラテア (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラテア
Galatea
Galatea moon.jpg
ボイジャー2号が撮影したガラテア
仮符号・別名 S/1989 N 4
発見
発見年 1989年7月
発見者 S・P・シノット
ボイジャー2号画像班
軌道要素と性質
元期:1989年8月18日
海王星からの平均距離 52 526±1km
離心率 (e) 0.00004 ± 0.00009
公転周期 (P) 0.43日
軌道傾斜角 (i) 0.052±0.011°(赤道)
0.06°(黄道)
海王星の衛星
物理的性質
直径 204×184×144 km km
質量 2.12±0.08×1018kg
平均密度 0.75 ± 0.1g/cm3
自転周期 同期回転
アルベド(反射能) 0.08
赤道傾斜角 ~0
表面温度 ~51K
大気の性質
なし
■Project ■Template

ガラテアGalatea、Neptune VI)は、海王星の衛星。

発見[編集]

ガラテアは1989年7月末、ボイジャー2号の海王星接近によって発見された。S/1989 N 4という仮の名を当てられ、同年8月2日に発表されたが、発表内容は5日間にわたって10枚の画像が撮られたということのみであった。  ガラテアの質量は環の上に帰納する摂動を利用して概算されている。

概要[編集]

海王星衛星の中で内側から四番目に位置する衛星。不規則な形であり、地質学変化が加わった形跡がない。おそらくこれは海王星がトリトンを捕獲した際、トリトンの初期軌道が起こした摂動によって砕かれた衛星の破片が再度固まったものであると考えられる。ガラテアは海王星の静止軌道の下にあり、潮汐力によってゆっくり螺旋降下しており、いずれは海王星の大気に消えていくか、ロシュ限界を超えて砕け散り海王星の環になると予想される。

ちょうどガラテアの軌道の外にアダムズ環が存在するため羊飼い衛星といわれる。とガラテアとの共鳴が海王星のユニークな弧の環を形作っていると考えられる。

名前の由来[編集]

ガラテアという名はギリシア神話ネレイデスの1人、ガラテアに由来する。