ネソ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネソ
Neso
仮符号・別名 S/2002 N 4
分類 衛星
発見
発見日 2002年8月14日
発見者 M・Jホーマン
B・Jグラッドマン
軌道要素と性質
平均公転半径 > 48,387,000 km
離心率 (e) 0.4945
公転周期 (P) 9374.0 日(25.7 年)
軌道傾斜角 (i) 132 度
海王星の衛星
物理的性質
直径 60km?
質量 1.6 × 1017 kg?
平均密度 1.5 g/cm3
アルベド(反射能) 0.04
■Project ■Template

ネソ(Neso)は、海王星衛星

発見[編集]

ネソは2002年8月14日、M・JホーマンとB・Jグラッドマンによって発見された。発見時の仮名称はS/2002 N 4。

概要[編集]

ネソは不規則衛星であり、ネソの平均軌道長半径は海王星から4800万km以上離れていて、既知のすべての惑星に属する衛星の中で1番軌道半径が大きい。このような広大な距離はむしろ、太陽と内惑星との軌道距離に近い。例えばネソの遠海点距離は約7200万kmであり、水星の遠日点距離である約7000万kmを超える。

海王星の不規則衛星の軌道傾斜角と離心率

これは左図のような軌道傾斜角と離心率を示した図表で、他の不規則衛星との関係づけて表される。中央の線分より高い位置にあるものは順行しており、低い位置にあるものは逆行している。黄色の線分はその衛星の近海点から遠海点に延びており、線分の長さが離心率をあらわしている。

ネソは直径60kmと考えられる。平均密度を1.5 g/cm3と考えた場合、全重量は概算で1.6×1017kgほどであると想定されている。プサマテとよく似た軌道を持っており、これはプサマテとこの衛星がもともと一つの大きな衛星が壊れた際にできたのではないかと考えられている。

名前の由来[編集]

ネソは、ギリシャ神話のネレイデスの一人ネソにちなんで名づけられている。2007年2月3日までは、S/2002 N 4 という仮名称で知られていた。