ニコポル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯43度42分 東経24度54分 / 北緯43.700度 東経24.900度 / 43.700; 24.900

ニコポル
Никопол
ニコポルの市旗
ニコポルの市旗
ニコポルの位置(ブルガリア内)
ニコポル
ニコポル
ブルガリア内のニコポルの位置
ニコポル自治体
ブルガリアの旗 ブルガリア
州(オブラスト) プレヴェン州
基礎自治体 ニコポル
自治体全域の人口 10974[1]
(2009年06月15日現在)
町の人口 4207[2]
(2009年06月15日現在)
ナンバープレート EH
標高 179 m
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3
要塞から見たニコポルの町とドナウ川
ニコポルから見た冬のドナウ川

ニコポルブルガリア語: Никопол / Nikopol)はブルガリア北部の町、およびそれを中心とした基礎自治体プレヴェン州に属する。歴史的な呼称は古代ギリシャ語ニコポリスギリシア語: Νικόπολις)、ラテン語ニコポリスラテン語: Nicopolis)がある。ドナウ川の右岸にあり、オスム川Осъм / Osam)の河口より4キロメートル下流にある。町は、ドナウ川に沿った急峻な白亜質の崖の下の土地から、南に伸びる細い渓谷に沿って広がっている。

歴史[編集]

古代ローマ時代、この地はモエシア属州に属しており、169年には文献に記録されている。ローマ帝国の衰退後は、東ローマ帝国の北限の町となった。1059年、ギリシャ語で「勝利の町」を意味する「ニコポリス」の名が与えられた。中世のほとんどの間、町はブルガリア帝国の領域に属した。1393年タルノヴォ陥落の後、ブルガリア帝国の最後の皇帝イヴァン・シシュマンは、残された帝国の所領をこのニコポリスの要塞で守っていたが、同地は1395年オスマン帝国に制圧され、皇帝は捕らえられた。このためニコポルは、このブルガリア帝国の最後の2年間、事実上の首都であったといわれる[1]。また、ニコポルは中世最後の大規模な十字軍による、1396年ニコポリスの戦いの場である。ニコポリスの要塞では、ハンガリージギスムントフランスの騎士らによって構成されるヨーロッパのキリスト教諸国の連合軍が、オスマン帝国のバヤズィト1世と、セルビア人の同盟者ステファン・ラザレヴィッチ (Stefan Lazarević) によって打ち負かされた。

オスマン帝国統治下では、ニコポルは強固な要塞を持つ重要な軍事・統治拠点として開発が進められ、経済的、精神的、政治的に繁栄したが、17世紀から18世紀にかけて衰退した。ニコポルは地区 (kaza) の中心であったが、その地位はプレヴェンに取って代わられた。ニコポルは1877年ニコポルの戦い (Battle of Nikopol) でロシア帝国軍に制圧された。ローマ・カトリック教会のニコポリ司教区 (Roman Catholic Diocese of Nicopoli) はブルガリア北部全域を管轄しており、歴史的にニコポルに司教座が置かれていたが、後にルセに移された。

現代[編集]

ニコポルには2008年の時点で4,255人が居住している。ニコポルはニコポル自治体の中心であり、自治体の行政サービスの中心を担っている。カーフェリーの接岸施設が建造中であり、完成すれば対岸にあるルーマニアトゥルヌ・マグレレと結ばれる。ニコポルは2006年ヨーロッパ洪水 (2006 European floods) によって部分的に浸水の被害を受けた。

姉妹都市[編集]

ニコポルに関連のある人物[編集]

ニコポルにちなんだ命名[編集]

町村[編集]

ニコポル基礎自治体(Община Никопол)にはその中心であるニコポルをはじめとする、以下の町村(集落)が存在している。

脚注[編集]

  1. ^Главна Дирекция - Гражданска Регистрация и Административно Обслужване (2009年6月15日). “Таблица на населението по постоянен и настоящ адрес” (ブルガリア語). 2009年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]