ドーパミン拮抗薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドーパミン拮抗薬(ドーパミンきっこうやく)とはドーパミン受容体に結合し、ドーパミン作用を阻害し作用を減弱させる薬物群の総称。現在、ドーパミン受容体には5種類のサブタイプが知られている。中枢神経系末梢神経系血管腎臓などにドーパミン受容体は分布している。

用法と薬物の例[編集]

副作用[編集]

他にも月経異状や性欲低下、インポテンス乳汁分泌などがある。

一覧[編集]

参照・引用[編集]