チン州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 湖南省 郴州市
South Guoqing Road Chenzhou.JPG
郴州市の位置
郴州市の位置
中心座標 北緯25度48分 東経113度03分 / 北緯25.800度 東経113.050度 / 25.800; 113.050
簡体字 郴州
繁体字 郴州
拼音 Chēnzhōu
カタカナ転記 チェンヂョウ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
行政級別 地級市
建置 建武年間
建市 1977年
市委書記
市長
面積
総面積 19,317 km²
人口
総人口(2006) 463.02 万人
経済
GDP(2006) 546.2億元元
電話番号 0735
郵便番号 423000
ナンバープレート 湘L
公式ウェブサイト http://www.czs.gov.cn/
本来の表記は「郴州市」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

郴州市(ちんしゅう-し)は中華人民共和国湖南省に位置する地級市

地理[編集]

湖南省の南東部に位置し、株洲市衡陽市永州市江西省贛州市広東省韶関市と接する。主な河川には湘江の支流・耒水(れいすい)がある。

歴史[編集]

漢初113年、桂陽郡が設置された。建武年間には郡治が郴県に置かれた。その後735年開元23年)、州制を施行したにより郴州が設置されると、清末までこの名称が使用されていくことになった、

中華人民共和国が成立すると、1949年11月に郴県専区が設置された。1951年には一旦 郴州市が誕生するが、1963年に県に改編された。その後の行政区変更を経て1977年12月に郴州市に再昇格し現在に至っている。

行政[編集]

2市轄区・1県級市・8県を管轄下に置く。

年表[編集]

郴県専区(1949年-1951年)[編集]

郴州専区(1951年-1952年)[編集]

  • 1952年11月13日 - 郴県・永興県・資興県・桂東県・汝城県・宜章県・臨武県・藍山県・嘉禾県・桂陽県が湘南行政区に編入。

郴県専区(1954年-1960年)[編集]

郴州地区(1960年-1994年)[編集]

  • 1961年7月9日 (2市13県)
  • 1962年10月20日 - 東江市が資興県に編入。(1市13県)
  • 1962年10月30日 - 新田県・藍山県が零陵専区に編入。(1市11県)
  • 1963年5月20日 - 郴州市が郴県に編入。(11県)
  • 1970年 - 郴州専区が郴州地区に改称。(11県)
  • 1977年12月21日 - 郴県の一部が分立し、郴州市が発足。(1市11県)
  • 1983年2月8日 (1市9県)
  • 1983年7月13日 - 株洲市安仁県を編入。(1市10県)
  • 1984年12月20日 - 資興県および郴県の一部が合併し、資興市が発足。(2市9県)
  • 1994年12月17日 - 郴州地区が地級市の郴州市に昇格。

郴州市[編集]

  • 1994年12月17日 - 郴州地区が地級市の郴州市に昇格。(2区1市8県)
    • 郴州市・郴県の各一部が合併し、北湖区が発足。
    • 郴州市の残部・郴県の残部が合併し、蘇仙区が発足。

交通[編集]

鉄道

道路

  • 京珠高速道路

外部リンク[編集]