チョコレート工場の秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョコレート工場の秘密
著者 ロアルド・ダール
Joseph Schindelman(アメリカ版)
Faith Jaques(英国初版)
Michael Foreman(1985年版)
クェンティン・ブレイク(1995年版)
イギリス
言語 英語・ウェールズ語
ジャンル 児童小説
出版社 Alfred A. Knopf, Inc.(初版)
ペンギン・ブックス(現在)
出版日 1964年
出版形式 印刷
ページ数 155
ISBN 0-394-91011-7
OCLC 9318922

チョコレート工場の秘密』(チョコレートこうじょうのひみつ、原題:Charlie and the Chocolate Factory)は、1964年にロアルド・ダールが発表した児童小説。続篇に『ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす英語版』がある。

ストーリー[編集]

外界から隔離された巨大なチョコレート工場がある大きな町の片隅で、貧乏な暮らしを余儀なくされている少年チャーリーとその一家。ある日、チョコレート工場の工場主ウィリー・ウォンカが、自社のチョコレートの中に五枚のゴールデンチケットを隠し、チケットを引き当てた五人の子供を工場見学に招待すると発表する。

そして、工場見学の日。チケットを引き当てたチャーリーら五人の少年少女と保護者の前で、チョコレート工場の門が開く。チョコレート工場の中に広がっていたのは、ウォンカが作り上げた奇想天外な世界だった。

なお、続編『ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす』と合わせると、工場見学が行われたのは1973年2月1日だとわかる。

登場キャラクター[編集]

バケット家[編集]

本作の冒頭は彼らの紹介で始まっている。また、柳瀬尚紀の翻訳版では苗字がバケツになっている。

チャーリー・バケット(Charlie Buchet)
本作の主人公。貧しい家庭に生まれたが、家族愛には恵まれている。チョコレートが大好きだが、貧乏すぎるので誕生日に1個しか買うことができない。あまりにひもじくなったときに拾った金で買ったチョコレートで最後にゴールデンチケットを引き当てて、ウォンカの経営するチョコレート工場の見学に行き、ウォンカの後継者に選ばれる。
バケット氏(Mr.Buchet)
チャーリーの父。歯磨き粉工場でキャップの取り付けの仕事をしていたが、勤め先の倒産により雪かきの仕事をするハメになる。
バケット夫人(Mrs.Buchet)
チャーリーの母。
ジョーおじいちゃん(Grandpa Joe)
チャーリーの父方の祖父。ウォンカのチョコレート工場の見学にチャーリーとともに同行する。
ジョセフィーンおばあちゃん(Grandma Josephine)
チャーリーの父方の祖母。
ジョージおじいちゃん(Grandpa George)
チャーリーの母方の祖父。
ジョージーナおばあちゃん(Grandma Georgene)
チャーリーの母方の祖母。

チョコレート工場関係者[編集]

バケット家の近くに立っているチョコレート工場の所属者。

ウィリー・ウォンカ(Willy Wonka)
チョコレート工場の経営者。敵対会社の産業スパイのせいで従業員を大量解雇し、のちにウンパルンパたちを雇う。自分の後継者を探すために5枚のゴールデンチケットを探し当てるキャンペーンを開く。柳瀬尚紀の翻訳版では苗字の読みがワンカとされている。
ウンパルンパ(Oompa Loompa)
ウォンカに雇われた小人一族。詳しくはリンク先を参照。

問題児たち[編集]

チャーリー以外に工場見学をする資格をもらった子供たちで、両親とともに工場にやってくる。だが、ことごとく欲をかいて酷い目にあう。

オーガスタス・グループ(Augustus Gloop)
大食漢の9歳の肥満少年。最初にゴールデンチケットを引き当てた。最後は工場内のチョコレートの川を飲み干そうとして落ちてしまい、工場内のパイプを強制的に通って細身になってしまう。柳瀬尚紀の翻訳版では苗字がブクブトリーになっている。
ベルーカ・ソルト(Veruca Salt)
大富豪の令嬢。何でも欲しがるワガママな性格。2番目にゴールデンチケットを父親の財力で引き当てた。最後はリスがクルミをむく部屋のリスを欲しがって無理やり連れて帰ろうとするが、両親ともどもダストシュートに落とされる。柳瀬尚紀の翻訳版では名前がイボダラーケ・ショッパーになっている。
バイオレット・ボーレガード(Violet Beauregarde)
ガム中毒の少女。ウォンカ工場から大量のガムをもらうためだけに一時はチョコを買いまくり、3番目にゴールデンチケットを引き当てた。かみ終えたガムをエレベーターのボタンにくっつけたり、ウォンカが開発中のフルコースガム(トマトスープとローストビーフとブルーベリーパイの味がする)を勝手に口に入れるなど非常に行儀が悪い。最後はフルコースガムの副作用でブルーベリーのように青く大きくふくれ上がり、治療しても肌は青いままだった。柳瀬尚紀の翻訳版では苗字がアゴストロングになっている。
マイク・ティービー(Mike Teavee)
テレビ好き(特にギャング物が好み)の9歳の少年。4番目にゴールデンチケットを引き当てた。体中にモデルガンをくくりつけている。最後は電送テレビで自分を送ろうとして小人になってしまい、治療の副作用で異常に長身になってしまう。柳瀬尚紀の翻訳版では苗字がテレヴィスキーになっている。

単行本[編集]

映像化[編集]