ウンパルンパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウンパルンパ
チョコレート工場の秘密
夢のチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場のキャラクター
作者 ロアルド・ダール
ディープ・ロイ
詳細情報
種族 アフリカピグミー族(原作初版)
ルンパランドの小人

ウンパルンパOompa Loompa)は、ロアルド・ダール作の児童小説『チョコレート工場の秘密』(映画版は『夢のチョコレート工場』と『チャーリーとチョコレート工場』)および続編の『ガラスのエレベーター宇宙へ』に登場するキャラクターである。

キャラクターの概要[編集]

普段は陽気に暮らしているが、事業主であるウィリー・ウォンカには忠実かつ真面目で仕事熱心である。ストーリー中、多くのウンパルンパが登場するが、どのウンパルンパも顔、髪型、体型は全て同じ。

原作ではテレビ室で働く者を除いては毛皮を纏っているが、映画版ではいずれの作品も文明的な作業服を着用している。『チャーリーとチョコレート工場』においては、めったに笑わない表情とは裏腹に各セクションで働く彼らの作業服はかなり風変りでカラフルである。

原作初版では「アフリカピグミー族」という設定だったが、人種問題により「ルンパランドに住む色白の小人」に設定変更された。

柳瀬尚紀が翻訳を手掛けたロアルド・ダール・コレクションなどでは、名前がウンパッパルンパッパと書かれている。

由来[編集]

スパイたちによってレシピを盗まれ、工場閉鎖に陥ったウォンカは新しいフレーバーを求めてルンパランド(原作初版ではアフリカ)を探検中、そこで偶然ウンパルンパたちを発見する。彼らは厳しい生活環境の中でカカオ豆に飢えており、それを知ったウォンカは交渉の末、カカオ豆の報酬と引き換えに彼らをチョコレート工場に雇用することに成功した。それ以来ウォンカのチョコレートは再びかつての人気を取り戻すようになる。

性格[編集]

チョコレート工場内に特別招待された5人の子供たちのうち、4人は工場内でハプニングを引き起こし、それぞれの親とともに工場見学を「退場」させられる。するとウンパルンパたちは、そのたびにさまざまな音楽とダンスによって、その子供と親の欠点をシニカルに歌って踊る。映画では見所の一つとなっている。

配役[編集]

映画『チャーリーとチョコレート工場』においては、この個性的なキャラクターを演じるのはディープ・ロイである。彼はこの映画に登場するすべてのウンパルンパ(165人)を演じた。