チャールズ郡 (メリーランド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メリーランド州チャールズ郡
チャールズ郡の位置を示したメリーランド州の地図
郡のメリーランド州内の位置
メリーランド州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1658年
郡庁所在地 ラプレイタ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,666 km2 (643.22 mi2)
1,194 km2 (461.00 mi2)
472 km2 (182.22 mi2), 28.33%
人口
 - (2010年)
 - 密度

146,551人
122.7人/km2 (318人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.charlescountymd.gov

チャールズ郡: Charles County)は、アメリカ合衆国メリーランド州の南部に位置するである。2010年国勢調査での人口は146,551人であり、2000年の120,546人から21.6%増加した[1]郡庁所在地ラプレイタ町: La Plata, /ləˈpltə/[2]人口8,753人[3])であり、同郡で人口最大の町は国勢調査指定地域であるウォルドーフ(人口67,752人[4])である。郡名は第3代ボルチモア男爵チャールズ・カルバート(1637年-1715年)に因んで名付けられた。

チャールズ郡はワシントン大都市圏に属している。

歴史[編集]

チャールズ郡は1658年に枢密院勅令によって創設された。これより先、1650年から1653年までチャールズ郡が存在しており、歴史資料では「古いチャールズ郡」と呼ばれることもある[5][6][7]

1865年4月、ジョン・ウィルクス・ブースエイブラハム・リンカーン大統領を暗殺した後、プリンスジョージズ郡からチャールズ郡を通って、バージニア州に逃亡した。

2002年4月28日、竜巻がチャールズ郡を襲い、ラプレイタ中心街の多くを破壊した。

チャールズ郡内には多くのアメリカ合衆国国家歴史登録財がある[8]。中でも歴史ある家系のグリーン家の家産だったグリーン公園と、スポルディング家の家産だったプレザントヒルが特筆される。

ハンターズ・ブルック放火[編集]

2004年12月4日、インディアンヘッド町の南東数マイルにあるハンターズ・ブルック開発地で放火が起きた。これが後にメリーランド州の歴史で最大の住宅放火事件になった[9][10][11][12]

政治と郡政府[編集]

チャールズ郡は民主党を支持する傾向にあるが、ワシントンD.C.郊外の他郡ほど圧倒的な支持ではない。

郡政委員会[編集]

チャールズ郡は、メリーランド州の伝統的な郡政府形態である郡政委員会が統治している。委員は5人である。

チャールズ郡はアメリカ合衆国下院議員の選挙では、メリーランド州第5選挙区に全体が入っており、この選挙区には他にカルバート郡セントメアリーズ郡の全体と、アナランデル郡およびプリンスジョージズ郡の一部が含まれている。2013年時点では民主党の院内幹事スティーニー・H・ホイヤーを選出している。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は643.22平方マイル (1,665.9 km2)であり、このうち陸地461.00平方マイル (1,194.0 km2)、水域は182.22平方マイル (471.9 km2)で水域率は28.33%である[13]

チャールズ郡の西側、州道224号線の南端が曲がっている所は、東西南北どちらを見てもバージニア州となる位置がある[14]

主要高規格道路[編集]

  • US 301.svg アメリカ国道301号線
  • MD Route 5.svg メリーランド州道5号線
  • MD Route 6.svg メリーランド州道6号線
  • MD Route 210.svg メリーランド州道210号線
  • MD Route 224.svg メリーランド州道224号線
  • MD Route 228.svg メリーランド州道228号線
  • MD Route 925.svg メリーランド州道925号線

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • トマス・ストーン国立歴史史跡

経済[編集]

主要雇用主[編集]

チャールズ郡の2009年包括的財務報告書に拠れば、郡内の主要雇用主は次の通りである。

順位 雇用主 従業員数
1 チャールズ郡教育委員会 3,509
2 アメリカ海軍水上戦センター 3,021
3 チャールズ郡政府 1,719
4 南メリーランド・カレッジ 1,090
5 CIVISTA医療センター 805
6 ウォルマート 674
7 ファッチナ建設会社 480
8 ターゲット・コーポレーション 467
9 リライアブル・コントラクティング 420
10 サザン・メリーランド・エレクトリック・コーオペラティブ 379
11 ウィイルズ・グループ 377
12 ジェネシス・ヘルスケア 320
13 ロウズ 306
14 メイシーズ 250
15 チャールズ郡看護・リハビリテーションセンター 250
16 チェイニー・エンタープライジズ 226
17 シアーズ 220
18 ケラー・バス・サービス 206

人口動態[編集]

郡の人口推移
人口(人)
1790 20,613
1800 19,172
1810 20,245
1820 16,500
1830 17,769
1840 16,023
1850 16,162
1860 16,517
1870 15,738
1880 18,548
1890 15,191
人口(人)
1900 17,662
1910 16,386
1920 17,705
1930 16,166
1940 17,612
1950 23,415
1960 32,572
1970 47,678
1980 72,751
1990 101,154
2000 120,546
2010 146,551
2012 150,592 [1]

チャールズ郡は1990年以降、アフリカ系アメリカ人人口が急増している。 以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 120,546人
  • 世帯数: 41,668 世帯
  • 家族数: 32,292 家族
  • 人口密度: 101人/km2(262人/mi2
  • 住居数: 43,903軒
  • 住居密度: 37軒/km2(95軒/mi2

人種別人口構成(2000年統計、( )内は2010年統計)

先祖による構成

  • ドイツ系:11.6%
  • アイルランド系:10.8%
  • イギリス系:10.2%
  • アメリカ人:9.3%
  • イタリア系:5.3%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.7%
  • 18-24歳: 7.6%
  • 25-44歳: 33.2%
  • 45-64歳: 22.7%
  • 65歳以上: 7.8%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.5
    • 18歳以上: 92.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 41.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 58.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 14.5%
  • 非家族世帯: 22.5%
  • 単身世帯: 17.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 5.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.86人
    • 家族: 3.21人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 62,199米ドル(2007年推計では80,573ドル[15]
    • 家族: 67,602米ドル(2007年推計では89,358ドル)
    • 性別
      • 男性: 43,371米ドル
      • 女性: 34,231米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,285米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 5.5%
    • 対家族数: 3.7%
    • 18歳未満: 6.7%
    • 65歳以上: 8.6%

都市と町[編集]

法人化町[編集]

町名の後の( )内は法人化年である。

  1. インディアンヘッド(1920年)
  2. ラプレイタ(1888年) - 郡庁所在地
  3. ポートトバコビレッジ(1888年)

上記の3町は全てメリーランド州法の町である。郡人口の約半分は未編入の町で国勢調査指定地域であるウォルドーフ周辺に住んでいる。

未編入の町[編集]

未編入領域も「町」と考えられるが、政府は無い。アメリカ合衆国国勢調査局、アメリカ合衆国郵便公社、地元商工会議所など様々な組織がその町を定義している。法人化はされていないので、その境界が定義されていない。アメリカ合衆国国勢調査局は以下の国勢調査指定地域を登録している。

  1. ベンズビル
  2. ブライアンズロード
  3. ヒューズビル
  4. ポトマックハイツ
  5. セントチャールズ
  6. ウォルドーフ

その他の未編入領域として次の町がある。

  1. ベルアルトン
  2. ベネディクト
  3. ブライアンタウン
  4. コブアイランド
  5. デンツビル
  6. フォークナー
  7. ぐらいモント
  8. グレイトン[16]
  9. アイアンサイズ
  10. イッシュー
  11. マルコム
  12. マーベリー
  13. モーガンタウン
  14. マウントビクトリア
  15. ナンジモイ
  16. ニューバーグ
  17. ピスガー
  18. ポンフレット
  19. ポープスクリーク
  20. ポモンキー
  21. リプリー
  22. ライソン
  23. ロックポイント
  24. スワンポイント
  25. ウェルカム
  26. ホワイトプレーンズ

教育[編集]

高等教育機関[編集]

  • 南メリーランド・カレッジ、ラプレイタ

公共教育学区[編集]

郡内の公共教育はチャールズ郡公共教育学区が管轄している。

著名な出身者[編集]

スポーツ[編集]

球団名 所属リーグ 本拠地 設立年 優勝回数
サザンメリーランド・ブルークラブス アトランティックリーグ野球 リージェンシー・ファニチャー・スタジアム 2008年 0

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Charles County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Pronounced unlike the river in Argentina
  3. ^ Quickfacts.census.gov - La Plata, Maryland - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Waldorf, Maryland - accessed 2011-12-06.
  5. ^ The Counties of Maryland. 630. The Archives of Maryland Online. pp. 122–124. http://www.msa.md.gov/megafile/msa/speccol/sc2900/sc2908/000001/000630/html/am630--122.html 2007年11月16日閲覧。 
  6. ^ Maryland Geological Survey (1911). Prince Georges County. The Johns Hopkins Press. pp. 21–22. http://books.google.com/?id=l9xLAAAAMAAJ&pg=PA22&lpg=PA22&dq=%22old+charles+county%22 2007年11月16日閲覧。 
  7. ^ Maryland Geological Survey (1906). Maryland Geological Survey: General Reports. The Johns Hopkins Press. pp. 474–477. http://books.google.com/?id=yBIMAAAAYAAJ&pg=RA1-PA474&lpg=RA1-PA474&dq=%22history+of+charles+county%22 2008年4月5日閲覧。 
  8. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2008-04-15), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  9. ^ United States Attorney for the District of Maryland (2006年3月1日). “Violent Crime Program 2005 Annual Report”. United States Department of Justice. 2010年8月2日閲覧。
  10. ^ Courson, Paul; Joanthan Wild (2004年12月21日). “Two more arrested in Maryland fires”. Washington, Dc: CNN. p. 1. http://www.cnn.com/2004/LAW/12/21/maryland.fires/index.html 2010年8月2日閲覧。 
  11. ^ Witte, Brian (2005年1月3日). “Maryland Hunts for Motives Behind State's Largest Residential Arson”. Insurance Journal. http://www.insurancejournal.com/magazines/east/2005/01/03/features/50855.htm 2010年8月2日閲覧。 
  12. ^ Hancock, David (2004年12月18日). “3 More Charged In Maryland Arson”. LA PLATA, Md: CBS NEWS. p. 1. http://www.cbsnews.com/stories/2004/12/06/national/main659400.shtml 2010年8月2日閲覧。 
  13. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  14. ^ This oddity of political geography happens in other places in Maryland.
  15. ^ Charles County, Maryland - Fact Sheet - American FactFinder
  16. ^ Grayton

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度29分 西経77度01分 / 北緯38.48度 西経77.01度 / 38.48; -77.01