デルマーバ半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルマーバ半島

デルマーバ半島(デルマーバはんとう、: Delmarva Peninsula)は、アメリカ合衆国東海岸のデラウェア州メリーランド州バージニア州にまたがる半島である。デルマーヴァ半島とも表記される。

概要[編集]

デラウェア湾チェサピーク湾とに挟まれ、南に延びる半島で、東海岸は大西洋に面している。北側にあたる半島の基端にはデラウェア・チェサピーク運河が通っており、この部分から先の半島の総面積は14,127.044 km²、人口は681,030人(2000年国勢調査)である。

デルマーバ半島という名称は、デラウェア州(DELaware)、メリーランド州(MARyland)、バージニア州(VirginiA)からの合成地名である。デラウェア州は3つの郡からなる小さな州であるが、そのほぼ全てがこの半島の東側に位置している。また、半島の先端部はバージニア州の一部に、半島の西側のほとんどと東側の一部はメリーランド州の一部になっている。デラウェア州とメリーランド州とは、東西に走る半島横断線(Transpeninsular Line)と呼ばれる境界線と、ほぼ南北に走るメイソン・ディクソン線とで画されており、メリーランド州とバージニア州とは、ポコモーク川(Pocomoke River)とその延長線で画されている。