ゼイ廼偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「芮廼偉」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

芮廼偉(ぜい だいい(のい)、芮乃伟、ルイ・ナイウェイ、예내위、Rui Naiwei、 1963年12月28日 - )は、中国韓国等の囲碁棋士。中国上海出身、中国囲棋協会所属、韓国棋院客員棋士など、九段。女流世界棋戦で優勝8回、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦ベスト4など、女流では世界最強の棋士。師は呉清源九段。江鋳久九段は夫。力の強い戦闘的な棋風。「廼」は「乃」と同音異字で日本語の音は「だい」であり、「廼偉」を日本語風に読むなら「だいい」であるが、日本棋院は誤って「い」としている[1]。これは習近平を「しゅう ちかへい」と読むようなものである。


経歴[編集]

11歳で碁を覚え、1980年に北京の国家チームに所属、1984年に中国囲棋協会の専業棋士四段となり、85年七段。1988年に女性では世界最初の九段となる。女子個人戦では、1986年から89年まで4連覇。新体育敗戦で1982、84年リーグ入り、1985年国手戦ベスト4。1986、87年、日中スーパー囲碁出場。

1990年に日本に移住、日本棋院の棋戦には参加できず、「圍碁」誌上で日本の棋士と対戦した。1992年に日本で江鋳久九段と結婚。同年には中国代表として応昌期杯に出場し、小松英樹八段、李昌鎬九段、梁宰豪八段に勝って準決勝に進み、大竹英雄九段に1勝2敗で敗れた。1993年に呉清源九段に入門、「21世紀の碁」の研究助手も1992年から96年まで務める。1993年には初の女流世界選手権である翠宝杯世界女流選手権戦に、中国代表として出場して優勝。後継棋戦の宝海杯などでも優勝を飾る。

1996年から米国在住。1999年に韓国棋院客員棋士となり、韓国の棋戦に参加。同年、女流国手戦で優勝。2000年の国手戦曺薫鉉に挑戦し、2勝1敗で勝って、一般棋戦で女流棋士による初のタイトル獲得。この時は金大中大統領からも祝電を受けた。2003年朴鋕恩と打込み十番碁、3連勝の後通算5勝5敗。2005年からの正官庄杯世界女子囲碁最強戦の団体戦では中国チームとして出場。2008年第1回ワールドマインドスポーツゲームズでは、女子個人戦でベスト8。

中国囲棋甲級リーグ戦では上海(2001年)、乙級では平煤集団(2003年)、雲南奕手冠華(云生弈手冠华、2005年)などに参加。韓国囲碁リーグでは、2004年韓国ヤンセン、2007年全南大房ノーブルランドに参加。

2011年中国の全国智力運動会に上海チームで出場、以後帰国し中国棋戦に参加。2012年第1回百霊愛透杯世界囲碁オープン戦予選で、元晟湊九段、丁偉九段を破り、唯一の女流と最年長棋士として本戦出場、三星火災杯世界囲碁マスターズ本戦出場。

2014年、第19期三星火災杯予選突破、本戦出場。

主な棋歴[編集]

国際棋戦

中国棋戦

日本国内

  • 『圍碁』誌 芮廼偉九段VSプロ精鋭 1996年 5勝6敗
2-0 結城聡八段、0-2 小松英樹九段、0-2 山城宏九段、2-0 森山直棋九段、1-2 宮沢吾朗九段
  • 『碁ワールド』誌 グリーン碁石・女流プロ交流会 芮廼偉九段×女流六華 2010年 5勝1敗
鈴木歩四段、○奥田あや二段、○万波佳奈四段、○向井千瑛四段、○梅沢由香里五段、×謝依旻五段

米国棋戦

韓国棋戦

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高島俊男「お言葉ですが」2巻 188ページ