スマトラサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スマトラサイ
スマトラサイ
スマトラサイ Dicerorhinus sumatrensis
保全状況評価[a 1][a 2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: サイ科 Rhinocerotidae
: スマトラサイ属 Dicerorhinus
: スマトラサイ D. sumatrensis
学名
Dicerorhinus sumatrensis
(G. Fischer, 1814)
和名
スマトラサイ
英名
Asian horned rhinoceros
Hairy rhinoceros
Sumatran rhinoceros

スマトラサイ(蘇門答刺犀、Dicerorhinus sumatrensis)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウマ目(奇蹄目)サイ科スマトラサイ属に分類されるサイ。本種のみでスマトラサイ属を構成する。

分布[編集]

インドネシアスマトラ島ボルネオ島)、マレーシアミャンマー[1][2][3]カンボジアベトナムに分布する可能性もあり[1][3]

種小名sumatrensisは「スマトラ産の」の意で、和名や英名と同義。

絶滅した分布域[編集]

インド[3][a 2]

形態[編集]

体長240-320センチメートル[2]。尾長65センチメートル[2]。肩高108-150センチメートル[2][3]体重800-1,000キログラム[2][3]。サイ科としては皮膚が薄く、厚さ1.6センチメートル[2]。全身は耳介も含めて、粗く長い体毛で被われる[1][2]。全身の毛衣は灰色や灰褐色[1][3]

2本の角があり、最大角長38.1センチメートル(平均オス25センチメートル、メス10センチメートル)[1][2][3]

出産直後の幼獣は体長90センチメートル[2]。体重25キログラム[2]。角長2センチメートル[2]。メスは角が小型で、後部の角は瘤状[2]

分類[編集]

サイ科の現生種では原始的な種で[2]、4,000万年前からほぼ形状が変わらずケブカサイなどの化石種と近縁だと考えられている[1]

生態[編集]

熱帯雨林湿潤林などに生息し、特に河川の周辺に好んで生息する[2]。以前はジャワサイと同所的に分布する地域では本種はより標高が高い場所に生息しすみわけていたが、生息地が激減したため様々な標高に生息する[2]夜行性[3]、昼間は水浴びや泥浴びをする[1]。単独やペア、もしくはその幼獣からなる家族群を形成し生活する[2][3]。オスは30平方キロメートル[3]、メスは10平方キロメートルの行動圏内で生活する[2]。斜面や崖を素早く登ることができる[2][3]。また泳ぎも上手く、海を泳いだ例もある[2][3]。オス同士では下顎の門歯犬歯を使って激しく争う[1]

食性は植物食で、樹皮、木の枝、果実(イチジク、マンゴーなど)、タケノコなどを食べる[1][2][3]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は13か月[3]。1回に1頭の幼獣を3-4年に1回産む[2][3]。授乳期間は16-17か月[2]。生後7-8年で性成熟する[2][3]

人間との関係[編集]

角が工芸品とされたり、角に限らず血液や糞尿まで薬用になると信じられている[2]

開発による生息地の破壊、角目的の乱獲などにより生息数は激減している[1][2][3]1989年における生息数は536-962頭、1993年における生息数は356-495頭、1995年における生息数は約300頭と推定されている[2]

インドネシア政府によって保護が進められているが、飼育下での繁殖は難航している。記録上、飼育下で繁殖に成功したのは、2012年6月の成功例を含めても、過去112年で4頭しか存在しない[4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、46、48-51頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社2000年、 30、133頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、6-7頁。
  4. ^ “スマトラサイの赤ちゃん誕生=112年で4頭目-インドネシア”. 時事通信. (2012年6月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012062300186 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • van Strien, N.J., Manullang, B., Sectionov, Isnan, W., Khan, M.K.M, Sumardja, E., Ellis, S., Han, K.H., Boeadi, Payne, J. & Bradley Martin, E. 2008. Dicerorhinus sumatrensis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.3.