ススワタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ススワタリ(煤渡り、すすわたり)とは、スタジオジブリの映画「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」に登場する架空の妖怪である。作中ではまっくろくろすけまたはくろすけなどと呼ばれている。

「となりのトトロ」でのススワタリ[編集]

主人公・メイとサツキが発見した妖怪。周りをすすだらけにするのが大好きであり、メイとサツキの手足をも煤だらけにしてしまった。

姿は黒い毛玉状。ただし、イメージソング「すすわたり」が収録されたCDの歌詞カードなどには、本編での姿を頭部として胴や足が付いたイラストも存在する。

メイやサツキが言っている「まっくろくろすけ」は、上記の妖怪の場合と明暗順応(暗順応)による錯覚の場合があり、混合されている。

「千と千尋の神隠し」でのススワタリ[編集]

湯婆婆の使用人として登場。釜爺の下で働いており、エサは金平糖。

手足が生えたクモのような姿である。

関連項目[編集]