ジルベール・ド・ゴールドシュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジルベール・ド・ゴールドシュミット (2006年)

ジルベール・ド・ゴールドシュミットGilbert de Goldschmidt1925年4月26日 ベルリン - )は、フランス映画プロデューサーである。

来歴・人物[編集]

1925年4月26日ヴァイマル共和政時代のドイツベルリンに生まれ、幼少期をフランス・パリで過ごし、1940年、最後の脱出船のひとつ「クァンザ」号でヨーロッパを去る。かなり若くして米軍に入隊、1944年、軍とともにフランスの地に再び降り立つ。マーシャル・プランのために映画を製作することで、映画界での仕事が始まった。製作管理の業務を経験したのち、1951年、アメリカ人のパートナーたちとともに、映画製作会社「マドレーヌ・フィルム」を設立する。

ゴールドシュミットは、40本あまりの映画を単独製作あるいは共同製作した。ジャン=ガブリエル・アルビコッコ(『金色の眼の女』、そして『さすらいの青春』)や、撮影監督ラウール・クタール(『Hoa Binh』)といった映画監督の第一作のプロジェクトを始めた。

だれもが長い間憶えているジャック・ドゥミ監督の映画、『シェルブールの雨傘』と『ロシュフォールの恋人たち』は、ゴールドシュミットがマグ・ボダールと共同製作したものである。

プロデューサーであり映画監督である友人のイヴ・ロベールとの共同製作(『ぐうたらバンザイ! Alexandre le Bienheureux』、『Le Distrait』、『アルフレッドの災難 Les Malheurs d'Alfred』、『Le grand blond avec une chaussure noire』)は、ピエール・リシャールフランシス・ヴェベールといった監督を世に送り出した。

監督たちに誠実に、ミシェル・ラング監督(『Le Cadeau』など)とパトリック・シュルマン監督(『P.R.O.F.S.』など)のいくつかのコメディ映画を製作し、テレビでよりも映画館のホールに市民の承認を取り戻した。

また、友人のイヴ・ロベールとともに、『ジャバーウォッキー』『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』、『ライフ・オブ・ブライアン』、『バンデットQ』といった『モンティ・パイソン』の映画をフランス語圏に紹介したのもゴールドシュミットである。

映画業界の人々に感謝され、リスペクトされ、1983年には第36回カンヌ国際映画祭の、1988年にはヴェネツィア国際映画祭のそれぞれ審査員になり、海外へのフランス映画のプロモーションのための機構ユニフランスの代表を歴任した(1971年 - 1973年1986年 - 1988年)。

レジオンドヌール勲章芸術文化勲章(l'Ordre National du Mérite)、国家功労章(l'Ordre des Arts et des Lettres)のそれぞれオフィシエ章を受章。

ジルベール・ド・ゴールドシュミット=ロートシルトは、フランス系イギリス人実業家ジェームズ・ゴールドスミスの従兄(祖父どうしが兄弟)であり、銀行家のエドモン・ド・ロートシルトEdmond de Rothschild)の従兄(祖母どうしが兄弟)である。

フィルモグラフィー[編集]

著書[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]