ジェフリー・ローリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェフリー・ローリアJeffrey H. Loria, 1940年11月20日 - )は、MLBマイアミ・マーリンズオーナーアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン出身。

以前はモントリオール・エクスポズのオーナーを務めていた。

経歴[編集]

MLB参入前[編集]

イェール大学では美術史を専攻。卒業後は美術商としての道を歩み始める。1968年にはコロンビア大学ビジネススクールを修了している。

1989年テキサス・レンジャーズ傘下の3Aオクラホマシティ・89ersを買収し、球団オーナーとしての第一歩を踏み出した。

モントリオール・エクスポズ[編集]

1994年ボルチモア・オリオールズの買収に乗り出したが失敗し、1999年に1800万カナダドルの投資でモントリオール・エクスポズの筆頭オーナーとなる。その後、次第に独占的な経営権を手に入れた[1]

2002年にMLB機構にエクスポズを1億2000万ドルで売却し、更にバド・セリグから3850万ドルの無利子のローンを与えられた。合計1億5850万ドルでジョン・W・ヘンリーからフロリダ・マーリンズを買収し、新オーナーとなった[1]

エクスポズオーナー時代は市や放送局といざこざを起こす一方で、補強のための資金を十分に費やさず、最終的に球団を売却して多額の利益を得たことから、評判は非常に悪かった[1]

フロリダ・マーリンズ〜マイアミ・マーリンズ[編集]

マーリンズでは2003年にいきなりワールドシリーズ制覇を成し遂げた。しかし、その後も高年俸選手を続々と放出する「ファイヤーセール」を行い、チームの総年俸は常にMLB最低レベルに留まっていた。その一方で、巨額の経常利益を得ていたことから、「(低年俸球団に分配金が与えられる)収益分配制度を悪用している」という批判の声が高まり、2010年1月にはメジャーリーグ選手会バド・セリグコミッショナーに年俸総額の引き上げを約束させられた[2]

2012年からは球団名もマイアミ・マーリンズに改め、本拠地のマイアミ市内の新球場マーリンズ・パークに移転した。新球場建設には、総額の7割に当たる3億6000万ドルをマイアミ市が公費で負担した。ローリアは今までの出し渋り状態を改めることを宣言し、ホセ・レイエスマーク・バーリーヒース・ベルなど大物FA選手を次々に補強した。

しかし、チームが最下位に低迷すると、シーズン中からハンリー・ラミレスなど大物選手が放出され始めた。2012年11月には前年に獲得したばかりのレイエス、バーリーを含む主力5選手を若手有望株とのトレードでトロント・ブルージェイズに一斉放出する「ファイヤーセール」をまたしても敢行。これが地元住民から「裏切り」と捉えられ、大きな反発が起こり、各メディアも一斉にローリアを非難した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Expos fans can relate to what Loria’s doing with Marlins Montreal Gazette
  2. ^ Marlins pay heed, will increase payroll ESPN
  3. ^ Dave George: Miami Marlins betray their fans yet again www.palmbeachpost.com