ジェイムス・ブレイク (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムス・ブレイク
(James Blake)
2012年撮影
2012年撮影
基本情報
別名 ハーモニミクス
(Harmonimix)
出生 1988年10月26日(25歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
インフィールド・ロンドン特別区
ジャンル ポスト・ダブステップ
ソウルミュージック
ダブステップ
IDM
担当楽器 ヴォーカル
ピアノ
パソコン
シンセサイザー
ドラムマシン
ミュージックシーケンサー
サンプラー
活動期間 2009年〜
レーベル R&Sレコーズ
ATLAS
ポリドール・レコード
A&Mレコード
リパブリック・レコード
公式サイト jamesblakemusic.com

{{{Influences}}}

ジェイムス・ブレイク (James Blake1988年10月26日-) は、イギリスロンドンインフィールド・ロンドン特別区出身のシンガー・ソングライター、音楽プロデューサーである。

2011年、自身の名を冠したデビュー・アルバム『James Blake』をリリース。この年のイギリス・マーキュリー賞にノミネートした[1]。2013年リリースの2作目となるアルバム『Overgrown』はマーキュリー賞で大賞に輝いた[2]第56回グラミー賞においては、最優秀新人賞にノミネートしている[3]ハーモニミクス (Harmonimix)名義で他アーティストのリミックス楽曲のリリースも行っている。

来歴[編集]

2009年6月、自身の寝室でレコーディングされたシングル『Air & Lack Thereof』をリリースし、音楽家としてのキャリアをスタートさせた。

2010年、名門R&SレコーズよりEP『CMYK』をリリース。タイトルトラックの『CMYK』がラジオを中心に話題となった。 同年11月、ファイストのカバーである『Limit to Your Love』をリリースし、全英シングルチャートで最高47位を記録した。 年末には、BBCによる、批評家や音楽関係者の投票で有望な新人アーティストを選出する恒例企画「Sound of 2011」にノミネートし、2位に選ばれた。 また、この年の作品群には批評家筋からも好意的な評価が寄せられ、ピッチフォーク・メディアからは『The Bells Sketch』『CMYK』『Klavierwerke』の3作のEPが、この年の年間ベスト・アルバムランキングで8位に[4]、楽曲『I Only Know (What I Know Now)』もベスト・トラックで8位に[5]それぞれ選ばれた。

2011年2月7日、満を持してデビュー・アルバム『James Blake』をリリース。本作は批評家筋から高く評価され、ピッチフォーク・メディアは、この年の年間ベスト・アルバムランキングで12位に[6]Amazon.comは4位に[7]、Mojo誌は17位に[8]それぞれ選んだ。 同年8月、ボン・イヴェールとのコラボレーション楽曲『Fall Creek Boys Choir』も収録されたEP『Enough Thunder』を、12月にもEP『Love What Happened Here』をリリースした。

2013年4月8日には2作目『Overgrown』をリリース。ブライアン・イーノRZAも参加し、これまでの音楽性をさらに拡充する意欲作となった。ガーディアン紙は、本作をこの年の年間ベスト・アルバムランキングで5位に[9]、Clash誌は2位に[10]それぞれ選んだ。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • James Blake (2011年)
  • Overgrown (2013年)

EP[編集]

  • The Bells Sketch (2010年)
  • CMYK (2010年)
  • Klavierwerke (2010年)
  • Enough Thunder (2011年)
  • Love What Happened Here (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ James Blake: James Blake - 2011 Shortlist - Barclaycard Mercury Prize”. 2014年1月16日閲覧。
  2. ^ James Blake Wins the 2013 Mercury Prize”. 2014年1月16日閲覧。
  3. ^ Daft Punk, Kendrick Lamar Nominated for Grammy for Album of the Year, James Blake and Kendrick Lamar Nominated for Best New Artist”. 2014年1月16日閲覧。
  4. ^ Staff Lists: Top 50 Albums of 2010”. Pitchfork (2010年12月16日). 2014年1月16日閲覧。
  5. ^ Staff Lists: Top 100 Tracks of 2010”. Pitchfork (2010年12月13日). 2014年1月16日閲覧。
  6. ^ Staff Lists: The Top 50 Albums of 2011”. 2014年1月16日閲覧。
  7. ^ Amazon.com: the 100 Best Albums of 2011”. 2014年1月16日閲覧。
  8. ^ MOJO's Top 50 Albums Of 2011”. Stereogum (2011年12月2日). 2014年1月16日閲覧。
  9. ^ The best albums of 2013: No 5 – Overgrown by James Blake”. 2014年1月16日閲覧。
  10. ^ Clash's Top Albums Of 2013: 10-1”. 2014年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]