シフォンケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シフォンケーキ
デコレーション後のシフォンケーキ

シフォンケーキ英語:chiffon cake)は、スポンジケーキの一種。

概要[編集]

1927年アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス保険外交員で料理愛好家のハリー・ベーカー(Harry Baker、1884年 - 1984年)によって考案され、食感が絹織物シフォンのように軽いことから名付けられた。ベーカーのシフォンケーキは、ハリウッドの芸能人のパーティやブラウン・ダービーBrown Derby)レストランから注文を受けるほどの人気を博した。ベーカーはレシピを公表しなかったため、その製法は長く謎とされていたが、1947年にレシピがゼネラルミルズ社に売却された。ゼネラルミルズ社が1950年に出版したレシピにはベーキングパウダーが入っていた[1]が、多量のよく泡立てた卵白メレンゲ)が膨張剤として十分機能するため、下記のようにベーキングパウダーを省略したレシピも多い。

シフォンケーキ型を用いて、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴。

基本材料[編集]

チョコレートシフォンの場合[編集]

チョコレートシフォンケーキ
  • 鶏卵
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • サラダ油
  • 食塩
  • ココアパウダー

ココアパウダーは小麦粉と一緒にふるっておく。

作り方[編集]

基本[編集]

  • 卵黄砂糖を加えたものを湯煎しながらかきまぜ、サラダ油をなじませながら入れ、水を入れる(一気に入れても良い)。そして小麦粉(主に薄力粉)とひとつまみの食塩を加え、粘りけが出ない程度にまんべんなくまぜる。
  • 別のボウルで卵白に砂糖を少量入れて角が立つまで泡立て(目安はひっくり返しても落ちない程度)、先に用意した卵黄生地に三分の一ずつ分け泡が消えないようにしながらまんべんなくまぜ、専用の型(シフォンケーキ型)に入れる。160~180℃で約40分間焼き上げる。
  • 焼きあがったら型を逆さにし常温になるのを待ち(逆さにしないとしぼんでしまうことがある)、ケーキ用ナイフまたはスパチュラ等を使いゆっくりと型から取りはずす。

その他[編集]

  • その独特の食感のために、生地がふくらんだ状態で冷ますので型には油脂などを塗らない。型はアルミ製などで表面加工されていない方が生地が定着し、焼き上がり後にしぼみにくい。
  • バターを使わないため、焼き上がり直後に卵の焼けたにおい(タンパク質の焼けたにおい)が強く出る場合もある。気になる場合は、冷蔵庫等に入れ半日以上おくとよい。
  • きざんだ果物クルミ等を加えたり、水の代わりに紅茶抹茶ジュースを用いることで好みの味をつけることができる。ホイップしたクリームを塗ってもおいしい。
  • 型に生地を入れる前に、湯に溶かしたココアを垂らし箸で1〜2回かきまぜるとマーブル模様に仕上がる。

参考文献[編集]

  1. ^ Jean Anderson. The American Century Cookbook. Potter, 1997年。451頁

関連項目[編集]