シェルパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェルパチベット語: ཤར་པ: Sherpa)は、ネパール少数民族のひとつ。現在の人口は約15万人で、ネパール総人口約2950万人(2008年)の0.5%を占める。

居住地は、エベレスト南麓に面したネパール東部サガルマタ県ソンクルブ郡英語版クンブ英語版地方(エベレスト地方)で、他にインドダージリンシッキムにも住む。

シェルパの居住地は、世界的な観光地であり、多くの一般観光客を相手に、一年を通してホテルなどの観光業が一大産業になっている。また、選ばれたごく少数のシェルパによるヒマラヤ登山支援も世界的に知られる。

歴史[編集]

シェルパの祖先はその名が示すように[1]もともとはチベット東部地域に居住していたが、17世紀から18世紀にその地を離れ、南に横たわるヒマラヤ山脈を越えて、ネパールに移住してきたとされる。この地は寒冷な高地であり本格的な農業は難しく、19世紀までは主に放牧や他民族との交易で生活していた。

20世紀に入り外国人のヒマラヤ登山が始まると、シェルパは高地に順応した身体を買われて荷物運び(ポーター)として雇われるようになった。その後、登山技術を磨いた彼らは案内人(ガイド)としても雇われるようになり、今では彼ら無しではヒマラヤ登山は成立しないと言われるほど重要な存在となっている[2]

文化[編集]

シェルパはチベット語の方言ともいえる言語・シェルパ語英語版を話す。またネパール語英語に通じる者も多い。

宗教はチベット仏教を信仰している。

現代のシェルパは登山ガイドや登山支援の他、ロッジ経営・通訳などヒマラヤ観光全般に従事している。登山案内人の職はネパールの平均収入と比べて高収入であるためこの職を得る競争は激しいが、死の危険も大きく、多くのシェルパが登山中に命を落としている。

彼らのサポートを得られるようになった上に、村には飛行場とヘリ発着場が作られたために、比較的簡単に登山が行われるようになり、それによって増加した登山客によって持ち込まれる多量のゴミなどによる環境破壊を危惧して、近年自然保護団体を組織している。

用法[編集]

そもそも少数民族の名称に過ぎなかったシェルパは、ヒマラヤの現地人登山ガイドを表す一般名称ともなった。現在では、他の民族の出身者でもシェルパ族を名乗る場合があり、ヒマラヤに限らず登山の荷物運びや案内役をシェルパと称することがある。日本ではかつて強力(ごうりき)と呼ばれていた人々がシェルパと名乗っていることもある。その例として、『立山シェルパ村』というNHKドキュメンタリーがある。

これから派生して、主要国首脳会議(サミット)で本会議に先立って調整のための予備会議を行う側近・代理人もシェルパと呼ばれている。また、鉄道の急勾配区間で使用される補助機関車をシェルパと呼ぶこともある。

脚注[編集]

  1. ^ チベット語で、「シャル」(チベット語: ཤར་ Shar、「東」の意)と「パ」(チベット語: pa、「人」の意)で「東の人」(ཤར་པ Sharpa、シャルパ)を意味する。
  2. ^ 登山隊内のシェルパのリーダーはサーダと呼ばれ、登山隊員もその意見を尊重する。

関連項目[編集]