シェルパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェルパチベット語: ཤར་པ: Sherpa)は、ネパール少数民族のひとつ。2001年時点での人口は約15万5千人で、ネパール総人口約2950万人(2008年)の0.5%を占める。

居住地は、エベレスト南麓に面したネパール東部サガルマタ県ソンクルブ郡英語版クンブ英語版地方(エベレスト地方)で、他にインドダージリンシッキムにも住む。

シェルパの居住地は、世界的な観光地であり、多くの一般観光客を相手に、1年を通してホテルなどの観光業が一大産業になっている。また、選ばれたごく少数のシェルパによるヒマラヤ登山支援も世界的に知られる。

歴史[編集]

シェルパの祖先はその名が示すように[1]もともとはチベット東部地域に居住していたが、17世紀から18世紀にその地を離れ、南に横たわるヒマラヤ山脈を越えて、ネパールに移住してきたとされる。この地は寒冷な高地であり本格的な農業は難しく、19世紀までは主に放牧や他民族との交易で生活していた。

20世紀に入り外国人のヒマラヤ登山が始まると、シェルパは高地に順応した身体を買われて荷物運び(ポーター)として雇われるようになった。その後、登山技術を磨いた彼らは案内人(ガイド)としても雇われるようになり、20世紀後半以降活発になったヒマラヤ登山では、彼ら無しではヒマラヤ登山は成立しないと言われるほど重要な存在となっている。過去においては、登山隊内のシェルパのリーダーはサーダと呼ばれ、遠征してきた諸外国の登山隊員もその意見を尊重していたが、1990年代以降、商業ベースの公募隊の登山が活発になると、お客さんと化した登山家側から消耗品扱いされるようになった[2]。2013年4月、シェルパと欧州の登山家がエベレスト登山中に口論、暴力沙汰となる事件が発生すると、シェルパ側から地位向上や遭難時の補償を求める声が高まり[3]、2014年4月、シェルパが13人死亡、3人が行方不明となる雪崩災害を契機に頂点に達した。この年、多くの登山隊がシェルパの離反などを理由に登山の継続を断念[4]。シェルパ側が、多少なりとも発言権を確保した結末となった[5]

文化[編集]

シェルパはチベット語の方言ともいえる言語・シェルパ語英語版を話す。またネパール語英語に通じる者も多い。

宗教はチベット仏教を信仰している。

20世紀後半以降、エベレストを始めとしたヒマラヤ登山が活発になり、海外から登山客、観光客が増えると、シェルパ側の現金収入の途も増えた。登山案内人の職は、ネパールの平均収入と比べて高収入であり、職を得るための競争は激しいが、死の危険も大きく1950年から2009年の間に224人以上のシェルパが命を落としている。一方、エベレスト山麓では、1973年以降に飛行場とヘリ発着場が作られ、比較的簡単に登山が行われるようになり、観光客相手のロッジ経営・通訳など、ヒマラヤ観光全般に従事することも容易となった[6]。それによって増加した登山客によって持ち込まれる多量のゴミなどによる環境破壊を危惧して、近年[いつ?]自然保護団体を組織している。

用法[編集]

そもそも少数民族の名称に過ぎなかったシェルパは、ヒマラヤの現地人登山ガイドを表す一般名称ともなった。現在[いつ?]では、他の民族の出身者でもシェルパ族を名乗る場合があり、ヒマラヤに限らず登山の荷物運びや案内役をシェルパと称することがある。日本ではかつて強力(ごうりき)と呼ばれていた人々がシェルパと名乗っていることもある。その例として、『立山シェルパ村』というNHKドキュメンタリー番組がある。

これから派生して、主要国首脳会議(サミット)で本会議に先立って調整のための予備会議を行う側近や代理人もシェルパと呼ばれている。また、鉄道の急勾配区間で使用される補助機関車をシェルパと呼ぶこともある。

脚注[編集]

  1. ^ チベット語で、「シャル」(チベット語: ཤར་ Shar、「東」の意)と「パ」(チベット語: pa、「人」の意)で「東の人」(ཤར་པ Sharpa、シャルパ)を意味する。
  2. ^ “【直球&曲球】エベレストであまりにもシェルパに甘え過ぎていた登山家たち”. 産経新聞. (2014年5月22日). http://www.iza.ne.jp/kiji/column/news/140522/clm14052215450006-n2.html 2014年5月24日閲覧。 
  3. ^ “エベレストでの「恐怖の乱闘」、登山家側がシェルパに暴言か 新証言続々”. AFPBBNews (フランス通信社). (2013年5月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/2941918 2014年5月24日閲覧。 
  4. ^ “エベレストの地元ガイド、今シーズンの登山中止を決定”. AFPBBNews (フランス通信社). (2013年4月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3013308 2014年5月24日閲覧。 
  5. ^ “Everest avalanche kills at least 12 Sherpa guides”. BBC. (2014年4月18日). http://www.bbc.com/news/world-asia-27075638 2014年5月24日閲覧。 
  6. ^ “ホテル・エベレスト・ビュー周辺案内”. ヒマラヤ観光開発(株) (ヒマラヤ観光開発(株)). http://www.himalaya-kanko.co.jp/hev/hev_around.html 2014年5月24日閲覧。 

関連項目[編集]