ザ・ザ・ガボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ザ・ガボール
Zsa Zsa Gabor
Zsa Zsa Gabor
1955年
本名 Gábor Sári(出生名)
生年月日 1917年2月6日(97歳)
出生地 ハンガリーブダペスト
国籍 1. ハンガリーの旗 ハンガリー
2. アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 1. ブルハン・アザス・ベルガ
2. コンラッド・ヒルトン
3. ジョージ・サンダース
4. ハーバート・ハトナー
5. ジョシュア・コスデン Jr.
6. ジャック・ライアン
7. マイケル・オハラ
8. フェリペ・デ・アルバ
9. フレデリック・プリンツ・フォン・アンハルト
著名な家族 ジュリー・ガボール(母)
マグダ・ガボール(姉)
エヴァ・ガボール(妹)
フランチェスカ・ヒルトン(長女)
主な作品
映画
赤い風車』(1952)
黒い罠』(1958)

ザ・ザ・ガボール(Zsa Zsa Gabor, 1917年2月6日 - )は、ハンガリーブダペスト出身のアメリカ人女優。「ザ・ザ・ガボール」は日本における慣用転写で、原語の英語の発音はジャ・ジャ・ガボーアに近い[1]。Zsa Zsa Gaborは渡米後に改名した英語名で、ハンガリー語の本名はガーボル・シャーリ (Gábor Sári)[2]

人物[編集]

妹のエヴァ・ガボールと共にハリウッドに渡り、テレビ番組映画に出るようになるが、女優としてよりもその豪華なライフスタイルなど、社交界の方で有名である。妹のエヴァ、姉のマグダも女優で「ガボール三姉妹」として有名だった。姉と妹にもやはり多くの結婚・離婚歴がある。母のジュリーはいわゆるステージママとして有名。娘のフランチェスカは母ジュリーの唯一の孫である。

1989年に期限切れのナンバープレートをつけて自動車を運転しているところを警察官に見つかり止められるとその警察官を張り倒したため、3日間の禁固刑を受けた[3]

健康[編集]

ザ・ザは2002年に起こした交通事故が原因で体の一部が麻痺、数週間の入院を余儀なくされた。2005年には脳梗塞を発症、開頭手術により血栓を除去する大事に至ったが数週間後無事退院した。しかし以後は健康状態が悪化の一途をたどる。2007年には前回の手術に関連した手術を受けたが、術後に感染症を起こし再手術を受けている[3]。2010年7月にはベッドから転倒して股関節部損傷の手術を受けたが、退院後に血栓症状を発症して再入院、翌月無事退院している[4]。2011年1月には血栓に起因する壊疽の症状が右脚に出たため再入院、一時は危篤が伝えられる状態となったものの、右脚切断手術を受けて危機を乗り切った[5]。5月には肺炎を起こして入院、治療後退院したが、その翌日には栄養チューブ挿入部の感染症に起因する胃の大出血で再び病院に緊急搬送され手術を受けた。術後一時は昏睡状態・無反応状態の重体にまで陥ったが[6]、6日後意識を回復している[7]

配偶者[編集]

ザザはこれまでに9回結婚している。2番目の夫はコンラッド・ヒルトンだったので、エリザベス・テイラーの義理の母にあたり[8]、また系譜上はパリス・ヒルトンニッキー・ヒルトンの義理の大叔母にもあたる。8番目の夫とは結婚した後に、書類の不備により7番目の夫との離婚が成立していなかったことが明らかになったため、婚姻無効となっている[9]。26歳年下の現在の夫・フレデリック・プリンツ・フォン・アンハルトは、ドイツの旧皇族マリー・アウグステ・フォン・アンハルトが晩年に持参金目当に養子に迎えた人物で、彼が「アンハルト公爵」を自称して「プリンス」を名乗るため、儀礼上ザ・ザにも「公爵夫人」の称号「プリンセス」が冠せられることがある。

  1. ブルハン・アザス・ベルガ(1937–41年、離婚)トルコの政治家
  2. コンラッド・ヒルトン(1942–47年、離婚)ヒルトンホテル創業者
  3. ジョージ・サンダース(1949–54年、離婚)俳優
  4. ハーバート・ハトナー(1962–66年、離婚)銀行家
  5. ジョシュア・コスデン・ジュニア(1966–67年、離婚)
  6. ジャック・ライアン(1975–76年、離婚)デザイナー
  7. マイケル・オハラ(1976–82年、離婚)
  8. フェリペ・デ・アルバ(1983年、婚姻無効)俳優
  9. フレデリック・プリンツ・フォン・アンハルト(1986年– )

主な出演映画[編集]

補注・出典[編集]

  1. ^ [1] [2]、2011年8月14日閲覧。
  2. ^ ハンガリー語の名は日本語の名と同じように姓→名の順。
  3. ^ a b シネマトゥデイ (2007年9月26日). “パリス・ヒルトンの大叔母、ザ・ザ・ガボールが足を手術”. 2008年11月12日閲覧。
  4. ^ [3]、2011年8月14日閲覧。
  5. ^ [4]、2011年8月14日閲覧。
  6. ^ [5]、2011年8月14日閲覧。
  7. ^ [6]、2011年8月14日閲覧。
  8. ^ ただしザ・ザは義理の息子でエリザベス・テイラーの未来の夫となるコンラッド・ヒルトン・ジュニアと一時期肉体関係にあったことを後年告白している。[7]、2011年8月14日閲覧。
  9. ^ [8]、2011年8月14日閲覧。