サイカニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイカニア Saichania
サイカニア
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 装盾亜目 Thyreophora
下目 : 曲竜下目 Ankylosauria
: アンキロサウルス科 Ankylosauridae
亜科 : アンキロサウルス亜科 Ankylosaurinae
: サイカニア属 Saichania
Maryańska, 1977
  • サイカニア・チュルサネンシス S. chulsanensis

サイカニアSaichania)は、中生代白亜紀カンパン期に生息した曲竜類に分類される恐竜Saichaniaは「美しいもの」を指すモンゴル語に由来し、ゴビ砂漠山脈名にちなむ。

概要[編集]

化石は南モンゴルネメグト湖近くのクルサン層で発見された。サイカニアの全長は約6mである。サイカニアはテレサ・マリャンスカによって、1977年タルキアと共に記載された。

その模式標本は体の前半部の骨格からなり、頭骨頚椎を含む脊椎肩帯、前肢、そして生前の位置にある骨質の装甲の一部などから成る。模式標本の他に引用された標本は、断片的な頭蓋骨上部およびそれに連結した装甲や、未記載のほとんど完全な骨格がある。

全体のシルエットは有名なアンキロサウルスにやや似ており、やはり尾に骨の塊でできたハンマーを備えていた。生活様式も同様か、近いものであったと推測される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]