コルスン包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルスン包囲戦
Bundesarchiv Bild 101I-277-0846-13, Russland, Panzer VI (Tiger I).jpg
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日:1944年1月24日 – 2月16日
場所ソビエト連邦(ウクライナ)、(チェルカッシー/コルスン
結果:ソビエト赤軍の勝利、ドイツ軍の撤退成功
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
指揮官
ナチス・ドイツの旗 エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ナチス・ドイツの旗 オットー・ヴェーラー
ナチス・ドイツの旗 ヘルマン・ブライト(en
ナチス・ドイツの旗 ヴィルヘルム・シュテンマーマン(Wilhelm Stemmermann)
ナチス・ドイツの旗 テオバルト・リープ(Theobald Lieb)
ソビエト連邦の旗 ゲオルギー・ジューコフ
ソビエト連邦の旗 ニコライ・ヴァトゥーチン
ソビエト連邦の旗 イワン・コーネフ
戦力
包囲内:将兵58,000名、戦車・突撃砲:59両
包囲外:多数の部隊
将兵:200,000名
戦車:513両
損害
戦死・負傷:19,000名
負傷:11,000名[1]
包囲内の全ての車両[2]
(ソ連側情報)
戦死:55,000名
捕虜 18,000名
戦死・行方不明24,286 名
負傷・戦病:55,902名[3][4]
独ソ戦

コルスン包囲戦[注 1]とは、第二次世界大戦中、独ソ戦において1944年1月14日から2月16日まで行われた戦いのことであり、ドニエプル=カルパチアン攻勢の一部分であった。この戦いでソビエト第1ウクライナ方面軍(司令官ニコライ・ヴァトゥーチン)、第2ウクライナ方面軍(司令官イワン・コーネフ)はドニエプル川近辺でドイツ南方軍集団を包囲した。何週間にも及ぶ戦いの間、ソビエト赤軍2個方面軍は包囲したドイツ軍の殲滅を試みたが、包囲されたドイツ軍部隊は包囲外の救援のドイツ軍部隊と協調作戦を行うことにより、包囲を突破、包囲された将兵の内、約3分の2が脱出に成功[5]、残りの3分の1は戦死するか捕虜となった[6]

1944年1月[編集]

1944年1月、ドイツ南方軍集団(司令官エーリッヒ・フォン・マンシュタイン)とその配下である第8軍(司令官オットー・ヴェーラー)はウクライナのドニエプル川沿いに構築された防衛線、パンター=ヴォータン(Panther-Wotan)線へ後退していた。第XI軍団(司令官ヴィルヘルム・シュテンマーマン)と第XLII軍団(司令官テオバルト・リープ)の2個軍団と第8軍から派遣されたB軍団支隊は約100kmにわたって構築されたソビエト赤軍の進出線に突出部を形成、中央の突出部はチェルカッシーの西、コルスンの町があるカニフのドニエプル川を保持していた。ソビエト赤軍のゲオルギー・ジューコフスターリングラード攻防戦の際、包囲したドイツ第6軍を殲滅した時に使用した戦術を使用することにより、ドイツ第8軍を撃破できる可能性に気づいた。そこでジューコフはソビエト赤軍最高司令部に第1ウクライナ方面軍と第2ウクライナ方面軍からの2個装甲部隊でドイツ軍を包囲、さらに二重の包囲を行い、内部の部隊を殲滅しつつも外部から救援に来る部隊を撃退する作戦を提案した。これを危惧したマンシュタインやその他の将校からの度重なる警告にもかかわらず、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーは剥き出しとなっていた部隊を安全地帯へ撤退させることを拒否した。

コーネフはソビエト赤軍総司令部より受けた命令を実行するため、1月15日、配下の指揮官たちと政治委員らを集め、司令部で会議を開いた[7]。最初の攻撃は第2ウクライナ方面軍が担当、南東から第5航空軍の支援を受けた第5親衛戦車軍と共に第53軍、第4親衛軍が行い、途中、第52軍、第5親衛騎兵軍団、第2戦車軍が加わることになっていた。さらに、第1ウクライナ方面軍の第27軍、第40軍、第2航空軍の支援を受けた第6戦車軍らが北西より進撃することになっていた[8] 。これらの部隊の多くは新たな人員の補充を受けた。赤軍の計画には、ソ連当局が成功したと主張している広範囲の偽装作戦が含まれていたが、ドイツ第8軍の戦闘日誌は、偽装されたものではなく真の脅威にドイツ軍の参謀たちが関心を持っていたことを明確に示している [9]

包囲[編集]

コルスン=チェルカースィ包囲網を形成したソビエト赤軍の進撃

1月18日、第1ウクライナ方面軍と第2ウクライナ方面軍が突出部の両端を攻撃しドイツ軍2個軍団を包囲した時、マンシュタインに先見の明があったことが証明された。1月28日、第1ウクライナ方面軍所属第6親衛戦車軍配下第20親衛戦車旅団がスヴェニゴロドゥカの村で接続に成功、コルスン=チェルカスィ・ポケットとして知られる包囲を完成した。スターリンはこれに期待、第2のスターリングラードを望んだが、コーネフは『心配することはありません、同志スターリン。包囲した敵は逃げることはできません。』と無線連絡を入れた[10]

包囲されたのは約60,000名、充足率55%の6個師団といくつかの小さな戦闘部隊も取り込まれており、窮地に陥ったドイツ軍の中にはSS突撃旅団「ヴァロニェン」、SS装甲擲弾兵大隊「ナルヴァ」、そして数千のロシア人義勇兵が含まれていた第5SS装甲師団 「ヴィーキング」も含まれていた[11]。包囲された部隊はシュテンマーマン集団を形成、部隊は第XI軍団のヴィルヘルム・シュテンマーマンの指揮下となった。第5SS装甲師団は修理すれば使用できるもの6両、使用可能なもの30両のIII号IV号戦車、もしくは突撃砲を所有していた[12] 。さらに師団は火砲47門、自走砲12門を所有していた[13]

ドイツ軍の反応と反撃[編集]

救出作戦の開始。第1装甲師団の戦車とハーフトラックは包囲へ進撃を開始した。1944年2月[14]

マンシュタインはこれに素早く反応、2月初旬までに第III、第LVII装甲軍団が包囲された部隊救出のために集められた。しかし、これにヒトラーは介入、ソビエト2個方面軍を取り囲む実現不可能な救出作戦への変更を余儀なくされた。

第III装甲軍団の司令官ヘルマン・ブライト(en)は救出部隊、包囲されていたシュテンマーマン集団がそれぞれ包囲を突破して結びつく作戦を主張した。ヒトラーを欺くつもりでマンシュタインは最初、ヒトラーに同意したように見せ、攻撃は戦力で上回る赤軍部隊を包囲を試みることになっていた。第XLII装甲軍団所属の歴戦の師団である第11装甲師団(戦車27両、突撃砲34両が所属)による攻撃はあっという間に速度が落ち、その作戦に対する寄与度は制限された[15]。ソビエト赤軍の包囲が失敗に終わることを理解したマンシュタインは第III装甲軍団に包囲されたシュテンマーマン集団を救出する作戦に変更する命令を出した。ブライトは第1SS装甲師団に北上させて北側面のカバーを行わせ、第16、第17装甲師団にGniloy Tikich川方面へ進撃させ、進展を果たした。ジューコフはまず最初にこの攻撃に驚いた後、ヴァトゥーチン に『ドイツ軍の先遣部隊を孤立させ、これを殲滅することを目的』として素早く4個戦車軍団の装甲部隊らを集めるよう命令した[16]。しかし、ドイツ軍のこれらの進展も天候の変化により、泥濘と化した大地のために鈍り始め、ドイツ軍の装輪車両の弱点が明白となった。アメリカのレンドリースにより供給されていたソビエト赤軍の4輪及び6輪駆動式トラックはこの泥濘と化した道を走ることができたが、ドイツ軍の2輪駆動式車両は泥にはまり動けなくなっていた[16]

2月5日から6日にかけての夜、コーネフは第4親衛軍、第5親衛騎兵軍団にドイツ2個軍団を含む包囲内のドイツ軍の分断を命令した[17]。このため、激戦が交わされたが、シュテンマーマンとリープらはソビエト赤軍の目的を明確に知ることとなったが、脱出路である『コルスンはどんな犠牲を払おうとも確保しなければならない』としてシュテンマーマンはこの激戦区に第5SS装甲師団の装甲部隊に第72歩兵師団と共に派遣、差し迫った危機は避けられた[17]。赤軍の攻撃は2月7日から10日にかけて再開された。泥濘化した大地は状況に影響を及ぼしたが、それが唯一の原因ではなかった。ドイツ第III装甲軍団のGniloy Tikich川への侵入は第1ウクライナ方面軍配下の第6戦車軍のような部隊の補給線を『それらが以前にそうであったように非常に伸びきった状態』に陥らせた[18]。そのため、ソビエト赤色空軍ポリカールポフ Po-2を使用していくつかの部隊の投入を開始し始めた[19]

降伏要求と加速する包囲戦[編集]

2月11日、第III装甲軍団は東への進撃を続け、消耗しきってはいたが、Gniloy Tikich川東岸に小さな橋頭堡の確保に成功した。しかし、第III装甲軍団は力尽き、それ以上進むことは不可能と化しており、シュテンマーマン集団は包囲からの出口を確保するために戦い続けねばならなかった[注 2]

包囲するソビエト赤軍、包囲されたドイツ軍部隊らはそれぞれドイツ軍の救出作戦が限界に達したと判断したが、包囲内のドイツ軍部隊は極めて盛んなソビエト赤軍の降伏宣伝にもかかわらず、武装親衛隊以外のごく少数の将兵が降伏したのみであった[21]。そこでジューコフは降伏要求を行うために白旗を掲げた特使を送ることを決定した[22]。特使である赤軍大佐、通訳、らっぱ手を乗せたアメリカ製のジープはドイツ軍の元に到着、ジューコフ、コーネフ、ヴァトゥーチンらの署名の入ったドイツ軍のシュテンマーマン、リープ宛の降伏文書を手渡した[23] 。ドイツ軍司令部の任務についていた将校、B軍団支隊の少佐と翻訳役らは特使を迎え入れた。腹を割った会談、軽い食事、握手の後、ソビエト側特使は答えを得られないまま、出発した。 - 『答えは継続的な苦々しいまでの抵抗の形で現れるでしょう』[24]

コルスン飛行場のJu52、上空は編隊飛行するJu87、1944年1月
脱出開始日が近づいたため、ますます多くの部隊が縮小しつつある周辺部へ詰め込むように集合している。少なくとも、雪はドイツ軍を赤色空軍から隠す効果があった[25]

チェルカッスィ=コルスンでの包囲の一年前行われたスターリングラード攻防戦の際犯した失敗とちがい、ドイツ空軍の包囲内への補給活動はユンカースJu52輸送機のパイロット及び地上要員による『本当に成功した』活動であった[26]。総計で医薬品4トン、弾薬868トン、燃料82,948ガロンが空輸され、東部戦線地域におけるドイツ軍将兵の士気が考慮されたため、4,161名の負傷者が後方へ送られた[27]2月12日、コルスン飛行場が放棄された後は、燃料はドラム缶、弾薬は木の箱に入れられて輸送機によって雪の吹き溜まりの上にパラシュート投下された[注 3]

シュテンマーマンは包囲内北方の部隊を撤退させ、脱出方向へ脱出のために再編成を行い、Gniloy Tikich川北岸で救援に北部隊の方へ包囲を突破するために南側で攻撃を開始した。包囲内からの殺気立った攻撃は、ドイツ第8軍の大部分を包囲したと信じていたソビエト赤軍を混乱させた。包囲された部隊は『包囲戦』で苦しんでおり、脱走するために都合の良い方向に達するため、包囲内南西部のNovo-Buda、Komarovka、Khilki、ジャンデロフカの村を占領することになっていた[29]

2月11日、第72歩兵師団所属の第105擲弾兵連隊(連隊長ロベルト・ケストナー(Robert Kästner)は夜間の攻撃でNovo-Budaを確保した[注 4]。翌日の夜、Komarovkaも同様に陥落した[30]。2月15日夕方、2両の突撃砲と共に第105擲弾兵連隊は最後の予備戦力を用いて装甲部隊の支援を受けたソビエト赤軍の反撃を撃破、Khilkiを確保した[31]。そして、包囲内の全てのドイツ師団の中でも第5SS装甲師団は『シュテンマーマン集団の継続的な生き残るための戦いの中で他の部隊よりも激しく戦った』[32]。第5SS装甲師団は包囲内唯一の機動部隊であったため、師団の無限軌道車両を備えた部隊は、崩壊する防衛線を支えるために包囲が一つ終了するたびに新たな包囲へ繰り返し移動して攻撃を行った。

包囲内の部隊は南へ『彷徨い』、そして救助部隊との合流地点まで半分の距離をいったところにあったシャンデロフカの村に到着した。この村落はソビエト赤軍によって堅く防衛されていたが、ドイツ第72歩兵連隊によって一度確保、その後、ソビエト第27軍所属部隊によって取り戻されたが、再び第5SS装甲師団のゲルマニア連隊が取り戻した。2月16日夕方までに第III装甲軍団は救出のために攻撃を開始、先遣隊はシュテンマーマン集団から7km地点に達していた[33]

地獄の門からの脱出[編集]

ドイツ第III装甲軍団による包囲方向への北側の攻撃はソビエト赤軍の決断と地形、燃料不足により停止した。ドイツ軍装甲部隊が239高地とシャンデロフカへの進撃へ何度か失敗した後、ソビエト赤軍の第5親衛戦車軍による反撃はドイツ第III装甲軍団に高くつく防衛戦を強いることとなった。第8軍はシュテンマーマンに無線連絡を入れた。

「天候と補給状況のために第III装甲軍団の行動能力は制限されている。シュテンマーマン集団には自ら包囲を突破して、Zhurzintsy=239高地間の防衛線まで進撃して欲しい。第III装甲軍団とはそこで結びつく。」[34]

しかし、このメッセージにはZhurzintsyと239高地が未だにソビエト赤軍の手中にあることは知らせておらず、第8軍はテオバルト・リープを包囲から脱出する部隊の指揮官に任命した。シュテンマーマン集団と第III装甲軍団の間はわずか7kmであったが、この地域はコーネフが『2月17日に起こるであろう最終的な敵殲滅のための攻撃のために部隊を移動させている』箇所であった[35]。コーネフ配下の恐るべき3個軍(第4親衛軍、第52軍・・・第5親衛騎兵軍団)が包囲を行い、第5親衛戦車軍の特定の装甲部隊の中でも最強部隊が加えられた部隊らがシュテンマーマン集団と第III装甲軍団の間に配置されていた[36][37]。シュテンマーマンは第57歩兵師団、第88歩兵師団の残存部隊を合わせた将兵6,500名の部隊を後衛に選んだ[38]。その時、包囲網は直径5kmまで狭まっており、シュテンマーマンが指揮する余地を奪うことになった。一度は包囲からの解放につながると思われたシャンデロフカは、後世、『地獄の門』として知られることとなる[39]。ソビエト赤軍は包囲した部隊の周辺に激しい砲撃とロケット砲の攻撃を注ぎこみ、周囲のほとんどの地域が目標と化していた。戦闘爆撃機によるソビエト赤色空軍の攻撃ははごく稀にドイツ空軍による妨害を受けたが、結局、爆撃と地上掃射を行った。ソビエト赤色空軍による夜間爆撃の焼夷弾よって燃え盛る暗がり、至るところに存在している、破壊されたかもしくは放棄された車両と負傷者、泥濘と化した道のために統制を失った部隊などのことが、様々な部隊の戦闘日誌に記載されている。ウクライナ民間人たちは両軍によって拘束された。1944年2月16日、マンシュタインはヒトラーの裁可を得ることなく脱走の許可するためにシュテンマーマンに無線連絡を入れたが、それはシンプルなものであった。

「合い言葉『自由』。目標、リシャンカ(Lysyanka)、23時」[40]

ドイツ軍の包囲突破

本来は不本意であったが、シュテンマーマンとリープはシャンデロフカにおいて歩行困難となった負傷兵1,450名に軍医と衛生兵を付き添いにして置き去りにすることを決定した[41][42][43]。その後、部隊は3つの主要攻撃部隊を編成、第112歩兵師団を中心としたグループが北方、第5SS装甲師団が南方、悌団を編成して攻撃力を高めた第105擲弾兵連隊が付属した第72歩兵師団が中央、とそれぞれ担当、夕方までに集合し始めた[44]。『23時、第105擲弾兵連隊 -並んだ2個大隊 – は静かに小銃に銃剣を着剣して前進を開始した。30分後、部隊は最初のソビエト赤軍第1防衛線を突破、その後すぐに第2防衛線も突破した。』[45]ケストナーが指揮する第105擲弾兵連隊は第III装甲軍団所属の第1装甲師団のパンターの前進基地へ用心深く接近、負傷兵と重火器を運びながら友軍の防衛線へ到着したが、馬が牽引する補給縦列はソビエト赤軍の砲撃によって失われていた。第105擲弾兵連隊は6時半、リシャンカに到着した[46]。包囲網の反対側の戦線ではシュテンマーマン率いる後衛部隊がしっかりととどまり、これら最初の脱出の成功の保証を行っていた[47]

左翼の攻撃部隊においては、偵察部隊が厳しいニュースを持ち帰っていた。地形的特徴を持つ239高地はソビエト第5親衛戦車軍のT-34によって占領された。その時、包囲網内部からの239高地を占領しようという激しい攻撃にもかかわらず、主導権はソビエト赤軍内に残っており、高地を避けて移動しなければならなかった。『ますます増強される239高地によって支配される峰の頂上にある堅固なソビエト戦車による防衛線に直面した』ため[48]、ドイツ軍の脱出路はGniloy Tikich川がある南方面へ向きを変えたが、このため、撤退方面を誤ることとなった部隊の大半は惨憺たる結果となる運命であった。夜が明けると、ドイツ軍の脱出作戦は崩壊し始めていた。極少数の装甲車両とその他の大型装備は雪が解けやすく滑りやすい山を登ることができず、『最終局面で最後の弾を発射した後』破壊、もしくは遺棄された[47]

その時、ソビエト赤軍のコーネフはドイツ軍が脱出していると判断、これに激怒して『ヒトラーの追随者』もしくは『ファシスト』どもを完全に絶滅させるというスターリンへの約束を履行することを決意した。しかし、この段階でソビエト赤軍情報部はドイツ第III装甲軍団の装甲兵力を過大評価していたため、コーネフはこれに従い、大軍をもって進撃した。この時、第20戦車軍団は新型戦車、スターリン重戦車が配備されていた旅団をコルスンの戦場へ送り込んだ[49]。コーネフは利用できる全ての装甲部隊と砲兵部隊に撤退するドイツ軍部隊を攻撃、これらを孤立化させた後、個々にそれらを殲滅するよう命令した[注 5] 。ドイツ軍を阻止しようとしたソビエト第206狙撃兵師団と第5親衛空挺師団はドイツ軍の攻撃により殲滅され、ソビエト赤軍の戦車は歩兵の支援が無かったため、遠方からドイツ軍の脱出を行う部隊へ砲撃を行っていた。そして、対戦車兵器を所有していないと判断された無防備な支援部隊、師団本部、落伍兵、赤十字をつけて負傷者を伴っていた医療部隊らをT-34を装備した部隊は激しく攻撃した[52][53]

正午までに混成された部隊の大部分が雪解けの水で濁流と化していたGniloy Tikich川に到着したが、第1装甲師団が橋を確保し、さらに工兵がもう一つ架橋しているにもかかわらず、混乱した将兵は暴れまわるT-34から逃れるために唯一の渡河する方法が川に飛び込むことと判断した。本隊が南の橋頭堡から離れていたため、最後の戦車、トラックそして荷馬車は凍った川へ投入され、木で間に合わせの橋を作るために木々が切り倒されるなど、彼らはできる限りの努力を行ったが、数百人の消耗しきった将兵が溺れ、馬や兵器の残骸が流されることとなった。多くの人々はショックや低体温で死亡することとなり、将兵の中にはベルトとハーネスで作られた川を渡る綱を伝って渡河した者もいた。また他の者たちはソビエト赤軍の火砲とT-34の砲撃の中、負傷兵を対岸に渡すため、厚板や残骸でいかだを作成したりしていた。リープは午後の間、川岸で命令を確立した後、彼の馬と共にGniloy Tikich川を渡った[54]。第5SS装甲師団師団長、ヘルベルト・オットー・ギレは泳げる者と泳げない者を交互にして川に人間の鎖を形成して川を渡ろうとしたが、ある者の手が滑ることにより鎖が千切れると多くの将兵が溺死することとなった。また、このとき、ソビエト将兵捕虜数百名とロシア人女性による補助部隊、赤軍の報復を恐れたウクライナ民間人たちも凍りついた川を渡った[55]。脱走の最終段階に、ドイツ工兵はさらにいくつかの橋の架橋を行い、ドイツ第57歩兵師団、第59歩兵師団の後衛部隊は馬が引く20台の橇に乗せた600名の負傷兵と共に『乾いた』川を渡河した[56]

非常に多くの将兵がリシャンカに到着したが、それはシュテンマーマン集団が後衛を勤め、第III装甲軍団の努力によるものであった。最先端は指揮官のフランツ・ベーケ中佐に因んで名づけられた重戦車連隊ベーケ(Schweres Panzer Regiment Bäke)が担当した。部隊にはティーガー戦車、パンター戦車が配属され、さらに特別な架橋技術を備えた工兵大隊が所属していた[57]

結果[編集]

チェルカッシー=コルスンにおけるソビエト赤軍の包囲はドイツ軍の第5SS装甲師団を含む6個師団に激しい損害を負わせることとなった。これらの部隊のほとんどがこの災厄のために多くの死傷者を出しており、再編成を行うため後方に送らざるを得なくなっていた。包囲から逃れることのできた部隊は結局、ポーランドのウーマニ周辺の集合地点から再編成地域へ送られるか、休暇が与えられ、彼らの故郷へ送られた。ソビエト赤軍のT-34、スターリン重戦車、そしてアメリカからのレンドリースで供給されるトラック、M4シャーマン戦車などを装備した強力な装甲部隊が『スチーム・ローラー』にように西への進撃を続けた。

犠牲者や損失については今日まで議論が続いている。ソビエト赤軍はドイツ将兵52,000名を殲滅、11,000名の捕虜を連行したとソ連の歴史家Vladimir Telpukhovsky が主張しているが、別の情報源では戦死57,000名、捕虜18,000名としており、ソビエト赤軍の犠牲者数は公式には未発表である。ただし、これら高い数字はドイツ軍が完全な充足率を保っており、ドイツ第8軍所属の大部分の部隊が包囲されたというソビエト赤軍の誤った確信を源としている[注 6]。ドイツ軍の情報では将兵60,000名以下が包囲されており、2月16日までの激戦で50,000名にまで減少、その後、45,000名が脱出に参加したとしており、『その内、ドイツ将兵27,703名、ロシア補助部隊要員1,063名らが無傷で帰還、7,496名が負傷していた。』そして、第III装甲軍団が作戦終了後、撤退するまでに包囲内から輸送機で運ばれた4,161名の存在からトータルで戦死、負傷、捕虜、行方不明者ら19,000名という数字が導きだされる[62]

ダグラス・E・ナッシュ 著の『Hell's Gate: The Battle of the Cherkassy Pocket, January-February 1944(邦題:チェルカッシィ包囲突破戦 東部戦線、極寒の悪夢)』の付録7の『German Present for Battle Unit Strengths after the Breakout(ドイツ軍の情報による包囲突破後の戦闘部隊の戦力)』の地獄の門に関わって生き残った部隊リストには包囲内から空輸された負傷兵らとリシャンカに撤退するのに成功した者を含めて総計40,423名が撤退に成功したとしている[63]

2月19日までに第III装甲軍団はシュテンマーマン集団の兵士を救い出すことは不可能と判断、リシャンカ突出部からの撤退を開始した[64]

シュテンマーマンは後衛戦で戦死、リープは戦争を生き残り、1981年に死去した。第2ウクライナ方面軍の司令官、イワン・コーネフはこの大勝により、元帥に昇格した。

後世の評価[編集]

『第二次世界大戦の状況の中で、コルスンの戦いな小規模なものであったが、それは異常なくらい高度なドラマであった。ソビエト赤軍の指揮官は東部戦線において数の優位を利用して、無防備なドイツ軍陣地を攻撃を行うことを決定、そしてヒトラーはそれを保持することを頑なに決定していた。』[65]それでも、包囲の内外でドイツ軍の指揮官たちは『今しかできない』ことを命令しなければならないことを理解していた[注 7]。ドイツ軍のこの災害、『大規模な敗北』[66]、そして脱出は文書化されている。スターリンとの約束であり、西側連合軍へのプロパガンダ、回顧録や軍の研究にはドイツ軍の殲滅と書かれてはいたが、実際、包囲内のドイツ軍を殲滅する意図を持ったソビエト赤軍側の攻撃はうまくいかず、計画も進まなかった。そしてドイツ軍の救出を計画通り阻止することができず、ソ連が主張したように『ドニエプル川におけるスターリングラード攻防戦の再来』ではなかった[66]。それでもソビエト赤軍の立場はドイツ軍と比較して以前より強力と化しており、たとえソビエト赤軍は高い損害を被っていたとしても、コルスンでの戦いはソビエト赤軍の勝利として見るべきである[67]

注釈[編集]

  1. ^ この戦いはコルスン=チェルカッシー 攻勢(The Korsun–Shevchenkovsky Offensive)やコルスン=チェルカッシー包囲戦とも呼ばれており、ロシア語ではКорсунь-Шевченковская операция(コルスン=チェルカッシー作戦)と呼ばれている。また、ドイツ語ではKorsun-Schewtschenkiwskyjer Operation(コルスン=シェフチェンコスキー作戦)と呼ばれているが、一般的にはソ連側はコルスン包囲戦、ドイツ側はチェルカッシー包囲戦と呼んでいる。また、日本語ではチェルカッシー包囲戦としても知られている。
  2. ^ シュテンマーマン集団は基本的に6個師団で編成されており、第57歩兵師団、第72歩兵師団、第88歩兵師団、第389歩兵師団、B軍団支隊(第112師団集団)、装甲戦力を持たない全ての歩兵部隊。そしてヴァロニエンとナルヴァが所属していた第5SS装甲師団ヴィーキングであったが、この中で唯一攻撃、もしくは攻撃的作戦活動が行えるのは第72歩兵師団と第5SS装甲師団ヴィーキングであった。[20]
  3. ^ 包囲内への補給活動に加えて、ドイツ空軍は弾薬325トン、燃料74,289ガロン、食料24トンを包囲外の救出部隊の先遣部隊に送り届けた。[28]
  4. ^ この師団所属連隊はドイツ西部のモーゼル渓谷とトリーアで編成された。
  5. ^ ヴァロニエンからの落伍者など孤立した集団は『コサックの集団によって襲われた』 [50]復讐心に燃えた騎兵たちは包囲から逃れようとしたドイツ軍将兵を『虐殺の乱行』のようにサーベルで切りつけた[51]
  6. ^ これらソ連の主張は全く反論無しに疑うことができる。この数字は戦後修正を加えた1944年のコルスンでの作戦活動に関するソ連の参謀たちの研究に現れる。この研究はスウェーデンの歴史家ニクラス・セッターリング(Niklas Zetterling)によって『決して正確ではなく』、『まったく頼りにならない』と批評されている。 [58]
    David Glantz は現在、それを一般化しており、『これらの情報源がソ連が自らの損害を少なく発表するのと同じぐらいに、ドイツ軍及び枢軸軍の損失を膨らませており、ソ連とロシアによるドイツ軍の損失についてはひどく不正確である』としている。[59]
    ダグラス・E・ナッシュもソ連による誇張を指し示しており、例えば、ソビエト第5騎兵軍団と第4親衛軍は『(1944年2月6日に)お互いに離れていはいたが、ドイツ第5SS装甲師団「ヴィーキング」を一掃したと主張した・・・・実際には第5SS装甲師団「ヴィーキング」最大の戦いはこれから行われることになっていた』としている。 [60]さらにソ連は、ドイツ軍の空輸の間に『329機以上の航空機を撃墜した』と主張しているが、この数はこの期間にこの地域で活動したドイツ空軍の部隊が所有していた航空機数より多く、『ソ連に良く見られる誇張の例と考えなければならなく、これがソ連が行うひどく数を膨張させる最後の例ではない』としている。[61]
  7. ^ エーリッヒ・フォン・マンシュタインとヘルマン・ブライトは戦いの間、近視眼的見解を持っていた多数の将校及び士官候補生らにも同様にそのような命令を行っていた。

脚注[編集]

  1. ^ Zetterling & Frankson, The Korsun Pocket, p. 277
  2. ^ Glantz & House, When Titans Clashed, p. 188
  3. ^ Glantz & House, p. 298
  4. ^ Zetterling & Frankson, p. 283 (citing The Korsun-Shevchenkovskii Operation, p. 41 and 52; Krivosheev, Grif Sekretnosti Sniat, p. 227)
  5. ^ Nash, Hell’s Gate, p. 366
  6. ^ Zetterling & Frankson, p. 280
  7. ^ Zetterling & Frankson, p. 37
  8. ^ Zetterling & Frankson, p. 37-39
  9. ^ Zetterling & Frankson, p. 39
  10. ^ Konev, Battles Hitler Lost, quoted in Nash, p. 200
  11. ^ Nash, p. 27
  12. ^ Zetterling & Frankson, p. 335
  13. ^ Zetterling & Frankson, p. 336; a total of 253 artillery pieces were inside the pocket [p. 53]
  14. ^ Nash, p. 161に存在する画像と類似した説明
  15. ^ Perrett, Knights of the Black Cross, p. 167
  16. ^ a b Nash, p. 162
  17. ^ a b Zetterling & Frankson, p. 180
  18. ^ Zetterling & Frankson, p. 184
  19. ^ Zetterling & Frankson, p. 185
  20. ^ Department of the Army Pamphlet 20-234, p. 19-20
  21. ^ Nash, p. 194
  22. ^ Perrett, p. 167
  23. ^ DA Pamphlet 20-234, p. 22
  24. ^ Nash, p. 198
  25. ^ Description from same image in Nash, p. 287
  26. ^ Nash, p. 119
  27. ^ Nash, Appendix 8, p. 399
  28. ^ Nash, Appendix 8, p. 399
  29. ^ DA Pamphlet 20-234, p. 19
  30. ^ Nash, p. 212-214
  31. ^ Zetterling & Frankson, p. 245
  32. ^ Nash, p. 369
  33. ^ Zetterling & Frankson, p. 255
  34. ^ Nash, p. 258
  35. ^ Nash, p. 287
  36. ^ Zetterling & Frankson, p. 244
  37. ^ Nash, p. 296, map of disposition of forces during the breakout
  38. ^ Carell, Scorched Earth, p. 418
  39. ^ Nash, p. 280
  40. ^ Carell, p. 417
  41. ^ Perrett, p. 168
  42. ^ Nash, p. 283
  43. ^ Zetterling & Frankson, p. 242
  44. ^ Zetterling & Frankson, p. 257
  45. ^ DA Pamphlet 20-234, p. 27
  46. ^ Nash, p. 300
  47. ^ a b DA Pamphlet 20-234, p. 40
  48. ^ Nash, p. 301
  49. ^ Nash, p. 267
  50. ^ Carell, p. 430
  51. ^ Perrett, p. 169
  52. ^ Nash, p. 308
  53. ^ Zetterling & Frankson, p. 267
  54. ^ DA Pamphlet 20-234, p. 31
  55. ^ Carell, p. 430
  56. ^ Zetterling & Frankson, p. 272
  57. ^ Perrett, p. 169
  58. ^ “Comments on the Soviet General Staff Study on the Korsun-Shevchenkovskii Operation”2000年9月
  59. ^ David M. Glantz. Red Storm over the Balkans. Lawrence: University Press of Kansas. 2007, p. 381
  60. ^ Nash, p. 110
  61. ^ Nash, p. 120
  62. ^ Zetterling & Frankson, p. 277-278
  63. ^ Nash, p. 398
  64. ^ Zetterling & Frankson, p. 281
  65. ^ Zetterling & Frankson, p. 297
  66. ^ a b Nash, p. 382
  67. ^ Zetterling & Frankson, p. 298

参考文献[編集]

  • Armstrong, Richard N. Red Army Tank Commanders. The Armored Guards. Atglen, Pennsylvania: Schiffer Publishing Ltd., 1994. ISBN 0887405819
  • Paul Carell. Scorched Earth. New York: Ballantine Books, 1971. ISBN 0345022130
  • Department of the Army Pamphlet 20-234. Operations of Encircled Forces: German Experiences in Russia. Washington, DC: U.S. Government Printing Office, 1952.
  • David M. Glantz & House, Jonathan M. When Titans Clashed. How the Red Army Stopped Hitler. Lawrence: University Press of Kansas, 1995. ISBN 070060717X
  • Nash, Douglas E. Hell's Gate: The Battle of the Cherkassy Pocket, January-February 1944 . Southbury, Connecticut: RZM Publishing, 2002. ISBN 0965758435
  • Perrett, Bryan. Knights of the Black Cross, Hitler's Panzerwaffe and its Leaders. New York: St. Martin’s Press, 1986. ISBN 0709028067
  • Shukman, Harold, ed. Stalin's Generals. New York: Grove Press, 1993. ISBN 1842125133
  • Zetterling, Niklas & Frankson, Anders. The Korsun Pocket. The Encirclement and Breakout of a German Army in the East, 1944. Drexel Hill (Philadelphia), Pennsylvania: Casemate Publishers. 2008. ISBN 978-1-932033-88-5

画廊[編集]