黒海の戦い (第二次世界大戦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒海の戦い
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日1941年6月22日 - 1944年8月
場所黒海
結果:ソ連の勝利
交戦勢力
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
イタリア王国の旗 イタリア王国
ブルガリアの旗 ブルガリア王国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
指揮官
Naval Jack of Romania.svg ホリア・マチェリャリウ英語版
War Ensign of Germany 1938-1945.svg ヘルムート・ローゼンバウム英語版
War Ensign of Germany 1938-1945.svg クレメンス・シェーラー
War Ensign of Germany 1938-1945.svg クラウス・ペーターゼン英語版
Flag of Italy (1861-1946) crowned.svg フランチェスコ・ミンベッリ英語版
Naval Ensign of the Soviet Union.svg フィリップ・オクチャーブリスキー
Naval Ensign of the Soviet Union.svg レフ・ウラディーミルスキー英語版
戦力
ルーマニア王国の旗 ルーマニア
駆逐艦 4
魚雷艇 13
潜水艦 3
特殊潜航艇 5
機雷敷設艦 2
ナチス・ドイツの旗 ドイツ
UボートII型 6
Sボート 10
Rボート 23
イタリア王国の旗 イタリア
魚雷艇 4
特殊潜航艇 6
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
戦艦 1
巡洋艦 5
駆逐艦 18
潜水艦 44
砲艦 2
機雷敷設艦 18
魚雷艇 84
独ソ戦

黒海の戦いとは、第二次世界大戦中の1941年から1944年の間の、黒海とその沿岸地域における陸軍の支援及び非戦闘行動を含む、枢軸国海軍とソ連海軍の戦闘活動である。

ソビエト連邦黒海艦隊は、他のソ連赤軍同様ナチス・ドイツバルバロッサ作戦によって不意をつかれた。黒海における枢軸国側の戦力は、ルーマニア海軍英語版ブルガリア海軍、および鉄道や運河によって運ばれたドイツおよびイタリア軍部隊からなっていた。ソ連軍は水上艦艇では枢軸国側に比べ圧倒的な戦力を持っていたが、ドイツの航空兵力によって無力化され、多くの艦艇を失った。戦争の大部分の期間、黒海艦隊はフィリップ・オクチャーブリスキーによって指揮されていた。

主要なソ連の造船所はウクライナクリミアニコラーエフセヴァストポリ)に位置しており、それらは1941年に占領された。多くの未成艦はグルジアの港へ脱出している。また、ポチなどのグルジアの港は艦隊の残存部隊の基地となっていたが、施設が貧弱であったため艦隊の作戦能力は低下した。

ソ連海軍の戦力[編集]

1941年6月22日時点の黒海艦隊の戦力は以下の通りであった。

艦種 艦級など
戦艦 1 パリジスカヤ・コンムナ
巡洋艦 5 26型モロトフ (巡洋艦)英語版ヴォロシーロフ (巡洋艦)英語版
スヴェトラーナ級チェルヴォナ・ウクライナクラースヌィイ・クルィームクラースヌィイ・カフカース
嚮導駆逐艦 3 レニングラード級駆逐艦タシュケント
駆逐艦(新型) 11 7型6隻、7U型5隻
駆逐艦(旧型) 4 ノヴィーク型英語版
潜水艦 44
護衛艦艇/砲艦 2
機雷戦艦艇 18
魚雷艇 84

枢軸国側海軍の戦力[編集]

ルーマニア海軍[編集]

ルーマニア海軍は4隻の駆逐艦(マラシュティ級駆逐艦英語版2隻、レジェーレ・フェルディナンド級駆逐艦2隻)、6隻の艦隊水雷艇、3隻の潜水艦、2隻の機雷敷設艦、7隻の魚雷艇を保有していた。

ドイツとイタリア[編集]

第二次世界大戦ではトルコ中立であったため、枢軸国はボスポラス海峡経由で艦艇を黒海へ送ることは出来なかった(モントルー条約)。しかし、小型の艦艇は鉄道や運河を使用して黒海へ送られた。1942年には6隻のUボートII型が分解されてコンスタンツァへ運ばれ第30Uボート戦隊として作戦行動を行なった。他にドイツは10隻のSボート、23隻のRボートドナウ川経由で送り込んだ。加えて、占領したニコラーエフの造船所で何隻かの武装バージを建造した。

イタリア海軍も小規模な部隊を黒海へ派遣した。それらは小型潜水艦や魚雷艇(MAS)であった。MASはフランチェスコ・ミンベッリ英語版によって指揮され、ヤルタを基地とした。

1941年[編集]

6月26日、ソ連は嚮導駆逐艦モスクワとハリコフでルーマニアのコンスタンツァを砲撃した。この際、モスクワが触雷して沈没している。

黒海艦隊は包囲下にあったオデッサへの補給を行い、10月終わりに陥落するまでの間、多くの兵員や市民を脱出させた。作戦中、ソ連は駆逐艦フルンゼ(9月21日喪失)と砲艦1隻をJu 87の攻撃で失った。黒海艦隊は、ドイツ軍のセヴァストポリに対する最初の攻撃を撃退した際にも活躍した。12月にはケルチへの上陸作戦を行い、ケルチ半島を奪回した。また、巡洋艦クラースヌィイ・クルィームを含む海軍部隊がセヴァストポリにむかい、火力支援を行った。ソ連の潜水艦もルーマニアやブルガリア沿岸で29000総トンの船舶を沈めている。

1942年[編集]

1942年の作戦はセヴァストポリの戦いで占められている。冬の間、唯一の戦艦パリジスカヤ・コンムナを含むソ連艦艇はセヴァストポリ付近で火力支援や補給任務に従事した。ソ連は6月22日まで補給作戦を続けたが、巡洋艦チェルヴォナ・ウクライナ、嚮導駆逐艦タシュケント、6隻の駆逐艦を失った。5月の巡洋艦ヴォロシーロフなどによるケルチ半島の戦いへの介入は成果を上げられず、9月にケルチ海峡を横断して行われたドイツ軍によるタマン半島への上陸を阻止することも出来なかった。

黒海艦隊の残存兵力はカフカース地方へ脱出した。ソ連潜水艦は黒海西部で活動したが、2隻を沈めたのみであった。

1943年[編集]

1943年には黒海艦隊の戦力は次のようであった。

  • 戦艦セバストーポリ(パリジスカヤ・コンムナから改名)
  • 巡洋艦4隻(26型2隻、クラースヌィイ・クルィーム、クラースヌィイ・カフカース)
  • 嚮導駆逐艦ハリコフ
  • 駆逐艦8隻(内3隻は旧式)
  • 潜水艦29隻

9月になるとドイツ軍はクバンからの撤退を開始し、作戦に成功した。10月6日、ソ連の嚮導駆逐艦ハリコフと駆逐艦スポソブヌイ、ベズポシュチャドヌイがクリミア攻撃の際にJu 87によって撃沈された。この損失の結果、大型艦の使用にはスターリンの許可が必要とされるようになった。11月にはケルチ・Eltigen作戦が行われた。

1944年[編集]

1944年初めの時点で、ソ連の水上艦は整備不良のためほぼ作戦参加不可能になっていた。攻勢は小型の艦艇やソ連海軍航空隊によって行われた。3月にはオデッサ周辺が解放され、枢軸国軍はクリミア半島に取り残された。1944年5月9日にセヴァストポリ周辺の最後の枢軸国軍が降伏した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]