コリンズ級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリンズ級潜水艦
HMAS Rankin 2007.jpg
洋上を航行する「ランキン」(2007年)
基本情報
建造所 ASC
運用者  オーストラリア海軍
建造費 10億オーストラリア・ドル
建造期間 1990年2月14日 – 2001年11月7日
就役期間 1996年7月27日 – 現在
建造数 6隻
前級 オベロン級
次級 コリンズ級潜水艦更新計画
要目
排水量 浮上時: 3,051 トン
潜水時: 3,353 トン
長さ 77.8 m
7.8 m
吃水 6.8 m
推進器

1 × Jeumont Schneider 電動機
7,050 hp (5.25 MW)
3 × Hedemora/Garden Island型 V18B/14 ディーゼル
6,000 hp (4.42 MW)
3 × Jeaumont Schneider 発電機
5,630 hp (4.2 MW)
1 × 推進軸とスキューバックプロペラ

1 × Mactaggart Scott dm 43006 緊急時の油圧モーター
航続距離 9000海里 / 10 ノット (シュノーケル航行時)
11,500海里 / 10 ノット (浮上時)
400海里 / 4ノット (潜水時)
乗員 45人 (士官8人)
兵装

UGM-84 ハープーン 対艦ミサイル
6 × 533mm発射管 予備のハープーンとMk 48 魚雷 - 計22基
魚雷の代わりに44基の機雷
対陸上攻撃用の巡航ミサイルと戦闘システムAN/BYG 1を装備
装備:
US Mk 48 ADCAP

戦闘システム AN/BYG 1を基にしたレイセオン CCS Mk 2
レーダー

タレス水中システムズ GEC-マルコーニ・カリワラ,
トムソン・マルコーニ・ナラマ・トウド・アレイまたはアライドシグナル TB 23

ケルビン・ヒューズ I-バンド航法レーダー
ソナー タレス水中システムのscylla船首ソナー
特殊装備

タレス・オプトロニクス CK043 探索とCH093攻撃潜望鏡

無反響タイル装着
テンプレートを表示

コリンズ級潜水艦(コリンズきゅうせんすいかん Collins-class submarine)はオーストラリア海軍潜水艦の艦級。通常動力型潜水艦であり、潜舵は司令塔にある。

概要[編集]

設計はスウェーデン海軍の潜水艦を設計していることで知られるコックムス社で、本艦級はスウェーデン海軍のヴェステルイェトランド級等を参考にしている。ただし、それらに比べて大型であり、乗員も多い。

兵器は電子機器はイギリスアメリカ合衆国等多彩な国のものが採用されている。建造は南オーストラリア州アデレードオーストラリア潜水艦企業体で行われた。

オーストラリア海軍は本級によりオベロン級6隻を順次、退役させている。

評価[編集]

コリンズ級は設計の段階から様々な問題が指摘されており、導入後も技術的な問題やオーストラリア海軍の人員不足から運用に支障が生じるなどした。オーストラリアのメディアから厳しい批判をあびている。

コリンズ級は優れた潜水艦とは言えず、騒音は劣悪で、信頼性は低く、故障も頻発し、時には就役可能な潜水艦がわずか1隻という時すらあった[1]。オーストラリア国内では、コリンズ級の開発は「失敗」とする意見もある[2]

オーストラリアは、2020年代半ばまでに、コリンズ級に変わる新型潜水艦を導入したいと考えており、そのために、日本海上自衛隊が使用しているそうりゅう型の技術など、海外の技術を導入する計画が挙げられている[1]

同型艦[編集]

1996年から2003年にかけて6隻が就役した。艦名は歴代のオーストラリア海軍軍人の名前からとられたものである。

艦番号 艦名 起工 進水 就役
SSG 73 コリンズ
HMAS Collins
1990年
2月14日
1993年
8月28日
1996年
7月27日
SSG 74 ファーンコム
HMAS Farncomb
1991年
3月1日
1995年
12月15日
1998年
1月31日
SSG 75 ウォーラー
HMAS Waller
1992年
3月19日
1997年
3月14日
1999年
7月10日
SSG 76 デシャニュー
HMAS Dechaineux
1993年
3月4日
1998年
3月12日
2001年
2月24日
SSG 77 シーアン
HMAS Sheean
1994年
2月17日
1999年
5月3日
2001年
2月24日
SSG 78 ランキン
HMAS Rankin
1995年
5月12日
2001年
11月7日
2003年
3月26日

出典[編集]