グスタフ・ラッデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gustav Radde

グスタフ・ラッデ(Gustav Ferdinand Richard Radde。1831年11月27日 - 1903年3月3日)はドイツの博物学者、探検家である。

生涯[編集]

ダンツィヒ(現ポーランドグダニスク)で教師の息子に生まれた。正式な教育は少ししか受けなかったが薬剤師として働き始めた。博物学に興味を持ち始め、1852年に薬剤師をやめ、植物学者のクリスチアン・フォン・ステフェン(Christian von Steven)とともに2年間、クリミア地方で植物や動物の採集を行った。さらにフリードリッヒ・フォン・ブラント(Friedrich von Brandt)、カール・エルンスト・フォン・ベーアとともに南ロシアを探検した。1855年に天文学者、ルートヴィッヒ・シュヴァルツの率いた東シベリア探検に、植物学者、動物学者として参加した。

1864年にトビリシに住むようになり、同年、コーカサス山脈の最高峰であるエルブルス山のまわりの地域を探検し、多くの植物を集めると同時に、現地の住民の言語、民謡、習慣を記録した。トビリシに博物館(コーカサス博物館)と収蔵庫を設立し、収集し展示した。黒海に沿岸、カスピ海、現トルクメニスタンアシガバートまで探検を行った。1890年代には、ロシア大公、アレクサンドル・ミハイロヴィチにしたがって、地中海や、インドなどのアジアを航海し、北アフリカにもロシア皇室とともに訪れた。

1884年にはウィーンで開かれた国際鳥類学会の議長を務め、多くの学会の名誉会員に選ばれ、多くの動物に命名されている。ラッデのコレクションはロシア科学アカデミーの動物博物館とトビリシのグルジア国立博物館に保存されている。

著書[編集]

  • Reisen im Süden von Ost-Sibirien in den Jahren 1855-59 (“Travels in the south of eastern Siberia during the years 1855-59,” 1862–1863)
  • Vier Vorträge über den Kaukasus (“Four essays on the Caucasus,” 1874)
  • Die Chews'uren und ihr Land (“The Chews'uren and their land,” 1878)
  • Ornis Caucasica. Die Vogelwelt des Kaukasus (“Ornis Caucasica. The world of birds in the Caucasus,” 1884) at archive.org
  • Das Ostufer des Pontus (“The east bank of the Pontus,” 1894)
  • Die Sammlungen des kaukasischen Museums (“The collections of the Caucasus Museum,” 1900 et seq.)
  • 1892年にロシア語でアレクサンドル大公の航海についての記録を執筆した

参考文献[編集]

  • Brummitt, R. K.; C. E. Powell (1992). Authors of Plant Names. Royal Botanic Gardens, Kew. ISBN 1-84246-085-4.
  • Barbara and Richard Mearns - Biographies for Birdwatchers ISBN 0-12-487422-3
  • Anonym 1903 [Radde, G. F. R.] Wien. ent. Ztg. 22 108
  • Blasius, R. 1904 [Radde, G. F. R.] Journ. Ornith. 52 1-49
  • Daniel, K. 1904 [Radde, G. F. R.] Münch. Koleopt. Zeitschr. 2 1904-1906(1) 93
  • Kraatz, G. 1903 [Radde, G. F. R.] Dtsch. ent. Ztschr. 47 7
  • "Radde, Gustav Ferdinand Richard". New International Encyclopedia. 1905.