クロノサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロノサウルス
クロノサウルス
クロノサウルス復元想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
上目 : 鰭竜類 Sauropterygia
: 首長竜目 Plesiosauria
亜目 : プリオサウルス亜目 Pliosauroidea
: プリオサウルス科 Pliosauridae
: クロノサウルス属 Kronosaurus
学名
Kronosaurus
Longman, 1924
  • K. queenslandicus
  • ?K. boyacensis

クロノサウルス (Kronosaurus) は中生代白亜紀前期のアプト期からアルブ期[1]オーストラリアなどで生息していた海棲爬虫類で、首長竜の一種。属名の由来はギリシャ神話の神クロノス。クロノスはゼウスの父であり、息子による権威の簒奪を予言されたため『自分の子供を食べてしまう』という逸話があり、巨大なをもつこの生物の名前として採用された。ゼウスの父クロノス自体が時間の神クロノスと混同される事が良くあるため、しばしば「時のトカゲ」と和訳されることがあるが[2]、厳密に言えば誤りである。

特徴[編集]

K. queenslandicusのサイズ比較。赤が修正前の12.8メートルのもので、緑がKearによる2003年の修正後のサイズ

首長竜は『首が長く頭が小さいグループ』(プレシオサウルス亜目)と『首が短く頭が大きいグループ』(プリオサウルス亜目)に大別されるが、クロノサウルスは後者における最大級のものである。

頭骨は3メートル近くもあり、全長はローマー(Romer)の推定によれば12.8mである[3]。しかしながら2003年Kearによって行われた他のプリオサウルス類化石との比較から、実際にはもっと小さく、9-10メートル程度であった可能性が示唆されている[1]。または長く伸びた三角形となり、顎には長さ約25センチメートルに達する鋭い歯を多数持っていた。の内容物の痕跡から、魚介類や他の海棲爬虫類を主食にしていた事が判明している。鰭脚は後ろが大きい。胴体は硬く引き締まり、尾は短いが、上部には鰭があったと推定されている。全部の鰭脚と尾の鰭で取りを行っていたとされる。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Kear BP. 2003. Cretaceous marine reptiles of Australia: a review of taxonomy and distribution. Cretaceous Research 24: 277–303.
  2. ^ 『小学館の図鑑NEO恐竜』、小学館、2003年、p155では「時のトカゲ」と訳されている。
  3. ^ Romer AS, Lewis AD. 1959. A mounted skeleton of the giant plesiosaur Kronosaurus. Breviora 112: 1-15.
  4. ^ 『恐竜博物図鑑』 150頁

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、150 - 151頁。ISBN 4-7875-8534-7

関連項目[編集]