クロップマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロップマークとは、農地などにおいて、主に草性植物が、その生育度合いの差によって作り出す模様のことである。 埋没した古代遺跡などの上にこの模様が現れることが知られており、発見の重要な手がかりとなる。 この模様は、空中写真などの高地点からしか見ることができない。

概要[編集]

古代遺跡などの遺構が比較的浅い地中に埋まっている場合、その地表においても、水はけや地面の固さなどが周囲と異なる場合がある。その上に生育する植物は、この影響を受けて、その周りと比較して成長の度合いが悪く(もしくは良く)なる現象が見られる。その植物を直接手にとって比較しても判らないほどの微妙な差であっても、これらが密生した状態で上空から観察すると、その密度や葉色の差が、模様としてはっきりと認識できる場合がある。こうして現れた模様をクロップ(crop=農作物)マークと呼ぶ。

このようなことから、クロップマークは時として遺跡の形状をなぞるように発生するため、上空からこれらを探して、埋没している遺跡の位置を特定するというようなことが行われている。

活用[編集]

古代遺跡に限らず、例えば鉄道廃線跡などにおいてもその発見に活用できる。廃線後に路盤が撤去されて完全に農地に戻されたような場所では、地表に立って調査しても全く痕跡が発見できないが、航空写真を見るとクロップマークによりその経路が一目で明らかになることも少なくない。この場合、地中に何かが埋まっているわけではないが、長年突き固められて使用された土壌は、常に耕作されてきた部分と比較して、その影響がすぐには消えるものではないことを示している。逆に言えば、その部分は経年によって周囲の環境に漸近していくため、クロップマークは遺跡上に現れるものに比べて早い期間で消滅する。

このような上空から遺跡を探る手法は、航空考古学として古くから行われてきたが、調査のためには飛行機をチャーターして飛ばす必要があるなど費用もかかり、また測量用の空中写真も限られた人にしか見る機会がなかったため、かつては一部の専門家の手に頼るしかなかった。

しかし近年、インターネット上で空中写真や衛星写真を閲覧することが容易になり、それに伴い考古学者でなくともこの手法を簡易に行うことができるようになっている。実際2005年には、イタリアプログラマーGoogle Earthを利用してローマ時代の遺跡を発見したことが報じられている。

外部リンク[編集]