クロウ・クルワッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロウ・クルワッハCrom Cruach)は、ケルト神話に登場する神。アイルランドにおいて最も重要な神の一柱であり、太陽の神性をもっていた。アルスター南部では戦いと死の神として崇拝されていた。その名のクロウは「三日月」、「輪」、「頭」を意味しクルワッハは「血まみれ」、「山、積み重ね、塚」を意味する。詳しい神話は残っていないが、その像は金で作られ、それを囲むように12体の小さな像が配置されていた。その姿は巨大な怒れる羊の角を生やした(または牡羊の頭をした)蛇(竜身)ともされ、その怒りを鎮めるために多くの生け贄が捧げられたとも言われる。

バロールが生み出した暗黒竜と同一ともされ、ヌアザを含め様々な神々を惨殺。ただし、プロインシァス・マッカーナ著『ケルト神話』には蛇神や竜神とは書かれておらず、謎多き神である。

なお、聖パトリックはクロウ・クルワッハの偶像を破壊し、信仰を禁じたという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]