ダヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダヌまたはダナ (Danu/Dana)(またはアヌまたはアナ、(Anu/Ana))は、アイルランド神話(ケルト神話)に登場するトゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)の母であり、また生命の母神ともされる。しかし、神話上には僅かにしかみられない。

ダヌウェールズ語 (Welsh) の同意義語はドーン(Dôn)。 ブリギッドアヌとも同一視される。

ダグザディアン・ケヒトリルゴヴニュヌアダの母でもある。

ダヌの認知の古さ[編集]

ドナウ川 (Danube) (ラテン語:Danuvius)、ドニエストル川 (Doniester) 、ドニエプル川 (Dniepr) 、ドン川 (Don) のような地名の形跡を根拠として、ダヌは恐らくケルト全域で崇拝されていた。実際のところ、インド神話に登場するアスラ神族の「ダヌ」(Danu)という名前を持つ女神がケルト神話のダヌとも関係していることが、この女神が非常に古い時代のインド・ヨーロッパ系神話の起源をもつことを示しているとされている。

また、「dhanu」の名は「swift(迅速さ)」という意味を元来持つと見られる。

関連項目[編集]

  • ダヌ (アスラ) -言語的に関連があるとされるアスラ神族の女神。
  • ダーナヴァ -アスラ神族における有力な一族の名。「ダヌ」はここから採られた