キアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キアンアイルランド語: Cian mac Dían Cecht[1] IPA 発音: /kʲiːən/ 。英:Cian)は、アイルランド神話(神話サイクル)の登場人物。トゥアハ・デ・ダナーン神族(ダーナ神族)で、ルーの父親。妻ないし子をなした相手は、バロールの娘エスニウ。古文書によればディアン・ケヒトの三人息子 (Cú, Cethen, Cian) のひとり、または四男二女のひとりとされている[2]が、近世版物語では、キアンの父親はケィンチカンタ)(アイルランド語: Cainte[3]であるという。

家系図

 
 
 
 
 
 
 
ディアン・ケヒト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クー (Cu/Cú)
 
ケセン (Cethen)
 
キアン
 
 
 
エスニウ
 
ミアハ
 
エタン/エーディン (Etan)
 
アルメド (Airmed)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルー
 
 
 
詩人Cairbre (¶314)
 
 
Tuirill mac Cait
(¶316)
 
Tuirill Biccreo
(≒トゥレン)(¶319)(*2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tuarda
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Cairbre (*1)
 


(『来寇の書』による[4]。小文字は異説:(*1) ¶314ではエタン/エーディンの子なのが、316だとひ孫。(*2) ¶319 によればトゥリル・ビクレオ(=トゥレン)の母親は、ディアン・ケヒトの娘エタンであり、だとすればルーとは従兄弟同士ということになる。)

概要[編集]

キアンは、同じトゥアハ・デ・ダナーン神族だが宿怨の相手であるトゥレンの子ら(トゥリル・ビクレオの息子たち)との対決を避けようと、小犬)に変身し難を逃れようとしたが、見破られて殺された。キアンの息子ルーは、殺害者から数々の財宝を賠償金 ('エレック')として求めている。キアンがバロールの娘とめぐりあい、二人の間から子供(ルーとみなされる)が生まれたという物語は、口承文学(民話)により伝えられるもので、アイルランド神話の再話版などの材料につかわれる。(宝牛グラス・ガヴナンにまつわるバロールの娘とキアンの民話を参照)。

伝承文学[編集]

『トゥレンの子らの最期』[編集]

近世 ( 18 世紀以降) の写本にのみ伝わる物語トゥレンの子らの最期によれば、題名主人公たる三兄弟(ブリアン、イウハル、イウハルバ)と、キアンら三兄弟とのあいだには氏族間の紛争があった。キアンは、運悪くブリアンら兄弟と遭遇するが、ときは(マグ・トレドの戦い)の火ぶたが切られたばかり、内輪もめをしている状況ではなかった。キアンはに変身して難を避けようとした。しかしブリアンはこの変装を看破し、弟たちを魔法の杖で犬に変化させて追わせ、槍を投じて豚の姿のキアンを負傷させた。自分がキアンだと名乗る豚は、たっての願いにより、殺される前に人間の姿に戻ることを許される。ところがキアンは人間に戻るやいなや、次のような台詞を吐いた:「まんまとだましてやったぞ、お前たち。もし豚の姿のわしを殺したならば、豚の賠償を払えばよかったものを。しかし、わし自身の姿で殺すならば、古今金輪際、比肩するものない大きな賠償が支払われされることになろう。わしを殺した凶器が、犯人が誰だかわが息子(ルー)に訴えるだろう」という意味の、宣告をした。そこでブリアンらは、そこらの石ころを打ちつけて証拠隠しを図った。肉塊となったキアンを埋葬したが、大地はこの同朋殺しを受け入れることを拒み、六度にわたり地上に吐き出した。結局、父親の埋められた場所をルーは突き止め、真相を察知してしまう[5]

この物語では、家系譜が古書と異なっている。物語ではディアン・ケヒトとミアハ父子(家系図参照)は登場するが、前者はキアンの父とされておらず、かわりにケィンチ (または カンタ )がキアンの父親である。

『アイルランド来寇の書』[編集]

『来寇の書』にある、キアンの殺害と賠償についての一文節(¶319)には、次にように書かれている:「 トゥリル・ビクレオとその息子たちブリアン、イウハルとイウハルバの冒険。.. デルバイス・マク・オグマは、トゥイレル・ピクレオと言い、その息子らは、ルーの父親[で]エスレン[の夫]、その名をキアンを殺した。キアンが、ブルー(ナ・ボイニャ)に行くときのことであった」[6]。ルーは賠償として、シチリア島の王の二頭の馬(アイルランド語: Gaine & Rea) 、アッサルの槍(アイルランド語: Gāei Assail )、仔犬ファリニシュ等々を請求した。

この文節(¶319)によれば、上述の家系図でも示した通り、『キアンはトゥリル・ビクレオの母方の伯父(叔父)にあたるわけだが、他の節の記述とへだたりがあり、続柄は必ずしも整然としていない。しかし親戚であることは確かである。トゥリルの父親はオグマとされ、これはディアン・ケヒトの再従兄弟(はとこ)にあたる。『来寇の書』によれば、キアンは「唖者の亡霊」(Scal Balb)[7]という綽名でも呼ばれていた。

脚注[編集]

  1. ^ 『アイルランド来寇の書』(LGE)Macalister 1941, R2 (第2稿本)¶330
  2. ^ LGE, Macalister 1941, 第1稿本( R1) ¶314, R2 ¶314, R3 ¶368。まず三人の息子がいる、と記述しておきながら、次いで四人目の息子についても記述するので、加筆の形跡がある。
  3. ^ 『トゥレンの子らの最期』, O'Curry 1863(委細後述)
  4. ^ 基本は、Macalister 1941¶314 (L本)とする。登場順であり年齢順とは限らない。
  5. ^ 『トゥレンの子らの最期』, O'Curry 1863
  6. ^ LGE, Macalister 1941¶319 "The adventures of Tuirill Biccreo and of his sons, Brian, Iuchar, and Iucharba.. Delbaeth s. Ogma had the name of Tuirill Piccreo, and it is his sons who slew Ehtlend father of Lug, whose name was Cian, when he went in the form of a lapdog (e) to the Brug." 脚注(c)にはこれが R1 の亜本である Miniuguid 稿本のみに所収 "This ¶ is appended here in Min onlyとあり、脚注(e)には豚ではなく小犬と注釈する "(e) Oirc, not (here at least) 'a pig' (orc.)"
  7. ^ LGE, Macalister 1941¶330/p.148-, ¶368/p.186-. Macalister は訳名を使わないが、唖者の亡霊/巨人/英雄("dumb/stammering phantom/champion")の意

資料文献[編集]

事典[編集]

  • Mackillop, James (1998), Dictionary of Celtic Mytholgy, Oxford University Press, ISBN 0192801201 
  • 健部伸明; 怪兵隊 『虚空の神々』6巻 新紀元社〈Truth In Fantasy〉、1990年ISBN 4-915146-24-3 

一次資料[編集]

  • 『アイルランド来寇の書』
    • Macalister, Robert Alexander Stewart, 1870-1950 (1941), Lebor gabála Érenn: The Book of the Taking of Ireland, Irish Texts Society, ITS 41 (LGE Part IV), Dublin: Oxford University Press, ISBN 0192801201 , "Part VII: Invasion of the Tuatha De Danann", ¶304-¶377.
  • 『トゥレンの子らの最期』
    • O'Curry, Eugene (1863), “[A]oidhe Chloinne Tuireann (Fate of the Children of Tuireann), the third tale of The 'Tri Thruaighe na Scéalaigheachta (the 'Three Most Sorrowful Tales') of Erinn”, The Atlantis (London) 4: 157-240 

二次資料[編集]

所収「トゥレン3兄弟の試練の旅」など