オーガスタ・グレゴリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレゴリー夫人

イザベラ・オーガスタ・グレゴリー(Lady Isabella Augusta Gregory, 1852年3月15日 - 1932年5月22日)は、アイルランド劇作家・詩人。アイルランドのフォークロア収集にもあたった。日本ではグレゴリー夫人と紹介されている文献が多い。ケルト文学復興運動の中心的人物。

年表[編集]

  • 1852年- ゴールウェイ州の郷士パーシー家に生まれる。イングランドにルーツを持つ地主だった。乳母メアリー・シェリダン(カトリックゲール語を話す生粋のアイルランド人)の影響を非常に受け、アイルランドの地方の歴史や伝説に興味を持つようになる。
  • 1880年- 35歳年上のサー・ウィリアム・グレゴリーの後妻となる。夫は元セイロン知事で、ゴールウェイ地方議会の一員だった。この当時は夫であるウィリアム同様、イングランドとの連合を支持していた。
  • 1881年- 長男ロバート誕生。
  • 1882年- 処女詩作“Arabi and His Household”を記す。
  • 1892年- 夫のウィリアムが亡くなる。これ以降、次第にナショナリズムに影響を受けるようになる。[1]
  • 1899年- ウィリアム・バトラー・イェイツと初めて出会う。アイルランド文学劇場協会設立。
  • 1901年- 資金不足によりアイルランド文学劇場閉鎖。
  • 1904年- イェイツ、エドワード・マーティンジョン・ミリントン・シングらとともにアイルランド国立劇場協会設立。劇場がアベイ通りに面していたためアベイ座として知られる。
  • 1928年- 病気を理由に、劇場のディレクター職を退く。
  • 1932年- クール・パーク・ハウスで死去。

作品[編集]

  • A Phantom's Pilgrimage,or Home Ruin (1893)詩
  • Ulster (1902)
  • 「うわさのひろまり」 Spreading the News (1904)劇
  • Hyacinth Halvey (1906)劇
  • Dervorgilla (1907) 劇
  • The Rising of the Moon (1907) 劇
  • The Rogueries of Scapin (1908) 劇
  • McDonough's Wife (1913)劇
  • An Old Woman Remembers (1923)劇


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 杉山寿美子『レイディ・グレゴリ--アングロ・アイリッシュ一貴婦人の肖像』(国書刊行会、2010)、p. 102。