マッハ (ケルト神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイヴ・カハ > マッハ (ケルト神話)
ヴァハ

マッハ(Macha)は、ケルト神話に伝わる戦いの三女神の一柱[1]。正確には古アイルランド語でヴァハと呼ばれ[2]、その名は「戦」[3]、または「怒り」を意味する[4]。 「赤い鬣(たてがみ)のマッハ(Macha Mong Ruad)」または「赤毛のマッハ(Macha Dearg)」と呼ばれることもある[3]

馬、戦い、豊饒、および主権を司ると言われる[5]。赤い髪に真っ赤なドレスとマントに身を包み、赤い一本足の馬に引かせた戦車で戦場を駆け巡る[3]。戦士達を戦闘の狂気の渦へ導くとされている[6]モリガンが魔法の他に槍を用いて戦うのに対しマッハは常に魔法のみを用いて戦う[4]。戦死者の首を食べるとされ、「ヴァハの木の実の餌」と呼ばれるケルトの敵の首を門に飾る風習は彼女への供物だといわれている[2][7]

モリガン、バズヴと共に三位一体神バイヴ・カハ(バズヴ・カタ)を構成する[8]

神話ではデルバイス(Delbaeth)神と女神エルンワス(Ernmass)の間の娘で[9]、姉のモリガン達と共に三姉妹揃って主神ヌアザの妃を務める[1]。フィル・ヴォルグ族との戦いでは魔法を駆使してトゥアハ・デ・ダナーンの勝利に貢献している[6]。そして最期は、フォモール族との戦いでバロールの放ったクロウ・クルワッハにネヴァン、ヌアザと共に殺された[1]

また、マッハは何度も転生を繰り返し、ネヴェズ族の族長の妻やミレ族の王女、クルンヌッフ(クルンチュー)の妻の妖精となって度々神話に登場している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『虚空の神々』170頁。
  2. ^ a b 『世界の神々の事典』202頁。
  3. ^ a b c d 『虚空の神々』171頁。
  4. ^ a b 『西洋神名事典』199頁。
  5. ^ 『ケルト神話』141頁。
  6. ^ a b 『虚空の神々』169頁。
  7. ^ 『ケルト』66頁。
  8. ^ 『虚空の神々』169、170頁。
  9. ^ 『ケルト神話』348頁。

参考文献[編集]