エウヘメリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エウヘメリズム(euhemerism)とは、英雄といった偉人が死後に祭り上げられたのが起源であるとする説。紀元前300年代に『神論』を著したとされるエウヘメロスの名に由来する。

合理的な説明を試みようとしてなされた知的活動の一環だったが、神々も元は人に過ぎなかったとするこの説は後代のキリスト教教父達にとって異教を貶める格好の材料になった。

概要[編集]

昔の王または皇帝が神格化されたような例は世界中の文化に見られる。実際、神話ではどこまでが神で、どこからが実在の人物なのか線引きするのは難しい。古代エジプトのように、まだ現世にいる王(ファラオ)が神と同一視されていた例[1]もある。その権威性に裏付けられて多くの古代国家では神政政治が発達した。

日本[編集]

日本については少し違う様相をみることが出来、恨みや不慮の死を遂げた者が死後祟るという怨霊信仰から、鎮めるために神として祀る形態が多い。菅原道真などが有名で、祟りの要素を含まない死後神格化の例としては徳川家康東照宮などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 正確にはオシリスの息子、ホルスの化身として。→オシリスとイシスの伝説

参考[編集]

『ギリシャ神話』エンカルタ百科事典