クルックス管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルックス管

クルックス管(クルックスかん)とはグロー放電の実験を行うための、真空度0.1Torr以下の真空放電管をいう。

真空放電管は1855年にドイツのプリュッカー(en:Julius Plücker)とハインリッヒ・ガイスラー(Heinrich Geissler)によってガイスラー管が造られ、陰極線の研究にもちいられていた。その後、ウィリアム・クルックスが1875年頃から自作の真空ポンプで真空度を高めた実験を行った。