ヴィルヘルム・ヒットルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・ヒットルフ

ヴィルヘルム・ヒットルフ(Johann Wilhelm Hittorf, 1824年3月27日 - 1914年11月28日)はドイツ物理学者化学者である。

ボンに生まれる。ボン大学で自然科学・数学を学んで1846年に学位を得、1847年からは教授になった。1852年から1889年の間ミュンスター大学の教授になり、1879年から研究所の所長になった。初期は無機化学の研究を行った。

1853年から1859年の間は電解液中のイオンの移動速度の研究をおこなった。イオンの移動速度が異なることを見出し輸率の概念を導入した。

1859年ユリウス・プリュカーハインリッヒ・ガイスラーと真空放電管を作って、陰極線管の研究を行った。ミュンスターにて没。